デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

【やはり伊版】さすらいのジャンゴ【訳詞グッジョブ】

イメージ 1
♪ジャンゴォ、アイアマト・ソ~レ~、ラヤマタ~ウォ~ウォ~、ケシヤマ~ウォ~ウォ~

いやあ、何度聴いてもいいですねえ、「さすらいのジャンゴ」。出典は勿論、

「続・荒野の用心棒」(1966年/セルジオ・コルブッチ監督)

作曲はルイス・バカロフ。歌はロベルト・フィア。

イタリア語ですから意味は一体なんじゃらほい、でしたが、リマスターDVDにはエンディング部分に訳詩が入っておりました。かいつまんで書くと、

 ジャンゴ、お前が愛したのは一度だけ、
 ジャンゴ、お前はいつもひとりぼっち。

 空に星があらわれる、それはお前のため。
 地に薔薇が咲く、それもお前のため。

 ジャンゴ、苦しみの後に希望が涌く。
 おお、ジャンゴ、さすらいの旅は果てしなく。


な、何てかっちょいい歌なんだ!

歌いやすいように訳せば、

瞬く星は お前のため

地に咲く薔薇も お前のため

おお、ジャンゴ~

てな感じになりますでしょうか?

椿三十郎と並んで決闘史の流れを変えたと言われる、あのラストと共に心に染み入る名曲です。

※確かにこの曲を日本で歌える歌手は北島三郎しかいないよなあ。思いついた三池も凄いが受けたサブちゃんも懐が深い。