デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

「人の心に深入りするな!」手遅れだ! CURE キュア

イメージ 1

『この水がお前を楽ぅにしてくれる。生まれ変われ。俺みたいに』

「女優霊」を起点として、「リング」呪怨」あたりを完成形と見る向きのあるジャパニーズ・ホラーですが、頂点に存在するのはこれ一本だと思います。

「CURE(キュア)」
(1997年/黒沢清監督)


「善良」な人々が突然引き起こす殺人。左右の頚動脈が昌悊棒擇衫?れている死体。事件を追うのは、精神疾患の妻を持つ刑事・高部賢一(役所広司)。

やがて催眠暗示によって心の暗部を開放する謎の男・間宮邦彦(萩原聖人)の存在が。

よく見ると、登場人物が誰も怖がっていません。劇中人物が感じる恐怖を観客に伝播させるという、小中理論を真っ向否定しています。でも怖い。凄ぉく怖い。

高部による間宮の取り調べはいつしか間宮による異形のセラピーに。

そして高部の魂が解放された時、完全無欠の悪魔が誕生します。

極端に制限された情報、観客に判断を委ねる映像、答えのない回廊・・・。

全編に渡って維持されるテンションの高さは尋常ではありません。

どこか「極めた」感のあるサイコ・ホラーの傑作です。