デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

祝!続編決定! クローズZERO

イメージ 1
小栗旬の顔が不良というにはツルっとし過ぎている(ありていに言えば“気に喰わない”)ので、三池作品にもかかわらず敬遠しておりました。

やはり三池作品の頭張るなら、北村一輝千原ジュニア程度には顔が立ってないと。

「クローズZERO」(2007年/三池崇史監督)

何とプロデューサー、山本又一郎なんですね(笑)。70年代の妖怪がまだ生きていたとは。

オープニング、THE STREET BEATSのI WANNA CHANGEにやられました(サントラ買おう)。

やべきょうすけは言うに及ばずですが、敵対する芹沢多摩雄役の山田孝之が凄くいい感じ。

脇を見渡せば、伊崎右典・央登・・ってデビルマンやないか! 頭悪い役なら違和感ないですね。監督の力量の差でしょうか。

決闘シーンに黒木メイサの歌が入ったのには倒れました。念仏の鉄に背骨外されたかと思うくらい腰砕け。

しかし三池監督、この終わり方好きですねえ。「喧嘩の花道」も「岸和田少年愚連隊」も皆このパターン。

やべきょうすけの青春時代、という意味で、「大阪最強伝説・喧嘩の花道」と「岸和田少年愚連隊・血煙り純情篇」も是非ご覧ください。

※参考:「岸和田少年愚連隊・血煙り純情篇」→2008年3月11日
     「大阪最強伝説・喧嘩の花道」→2008年11月4日