デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

代償高すぎね? 爆走トラック'76

イメージ 1


バニシング・ポイント」「ダーティメリー/クレイジーラリー」と並んでタランティーノが「デス・プルーフ」でオマージュを捧げたトラック・アクション映画・・・なのですが、今観るとストレス溜まるなあ。

「爆走トラック‘76」(1975年/ジョナサン・カプラン監督)

不正に背を向けた若きトラック運転手(ジャン・マイケル・ビッグウェンズデー・ビンセント)に理不尽な暴力が降り注ぐ。

搾取されるトラッカーという意味では「フィスト」のようでもあり、家族巻き添えという意味では「マッドマックス」のようでもあり、弾幕かい潜っての敵中横断のシーンは「ガントレット」のようでもあります・・・が。

これらの映画にあった「カタルシス」がビタ一文ありません。

会社側は警察も検事も抱き込んで人ばんばか殺してるのに、運ちゃん達は徒党を組んでも徒手空拳。暴力のバランスがとれていません。

挙句に奥さん、あんな事になっちゃうし。労働者の英雄になったくらいじゃ割り合わねぇよなあ。

まあ、肉値下げしないからって肉屋ミンチにしちゃう「エクスターミネーター」みたいな奴もどうかと思いますが、ガンジーじゃないんだし。

博士の異常な愛情」でテンガロンハット振りながらソ連に特攻したスリム・ピケンズや「血のバケツ」で死体の粘土固め作ってたディック・ミラーとかが出てたのは嬉しかったですが。

気の短い人、復讐は倍返しとか思っている人には不向きかも。

※参考:「バニシング・ポイント」→2008年2月16日
    「ダーティメリー/クレイジーラリー」→2008年9月24日
    「デス・プルーフinグラインドハウス」→2008年10月14日
    「血のバケツ」→2008年12月9日