デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

なんてお洒落なタイトルなんだ。 ネバーセイ・ネバーアゲイン

イメージ 1

 
『なあ、ショーン、もっかいジェームス・ボンド演ってくれよ』

『二度とやるもんか(Never Again)!』

『あらあら、折角お仕事のお話を持ってきてくださったのに、そんな言い方して。二度とやらないなんて二度と言ってはいけませんよ(Never Say Never Again)』

正直、ストーリーなんて全く憶えていないのですが、(真偽の程はさておき)このやりとりのお洒落感と、それをそのままタイトルにしちゃうセンスの良さに座布団1枚です。

ネバーセイ・ネバーアゲイン

(1983年/アービン・カーシュナー監督)


12年ぶりにショーン・コネリージェームス・ボンドに復帰した話題作。

と言っても版権等オトナの事情で正規品を名乗れないので、タイトルに007は付けられず、ジェームス・ボンドのテーマも使えず(本作の音楽はミシェル・ルグラン)という猪木-アリ戦並みのハンデキャップ・マッチ。

でも、画面に現れるだけで、有無を言わさず007ワールドにしちゃう辺り、流石初代の貫禄です。

アービン・カーシュナーは「帝国の逆襲」「ロボコップ2」など“続編なら俺に任せろ”な職人監督。

キム・ベイシンガーバーバラ・カレラマックス・フォン・シドーなど共演も通好み。

サンダーボール作戦」をベースにした脚本は実に大味なのですが、一杯イッパイで妙に切羽詰っているクレイグ・ボンドにはない“大人の余裕”を感じる事ができました。

「ロッキー」や「ランボー」みたいに幕引きボンド作ってくれませんかね。