デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

ブルース・ウィリスの牙城を侵食。 弾突 DANTOTSU

f:id:zombieito:20191010015733j:plain


DENGEKI 電撃」、「奪還 DAKKAN」、「撃鉄 GEKITETSU」、「一撃 ICHIGEKI」、「雷神 RAIJIN」、「斬撃 ZANGEKI」・・この違いを即座に言い当てられる人とは是非友達に・・・なりたくありません(笑)。

混乱に拍車をかけ混迷の度を深めるセガール親父の漢字シリーズ。

「弾突 DANTOTSU」(2008年/ロエル・レイネ監督)

アメリカではDVDスルーでしたが、日本では“スティーブン・セガール芸能生活20周年記念作品”として劇場公開。

ヴァン・ダムと比べて扱いが破格です。

酒と博打で身を持ち崩し、家族(妻&娘)は去り、押収品横領の濡れ衣で刑事の職も追われた元特殊工作員セガール

特殊工作員(しかも伝説の暗殺者←グリマーマン?)って所は「またかよ」ですが、酒・博打・汚職(濡れ衣だけど)の汚れ役ってのが新機軸。

こーゆーダメオヤジ設定はブルース・ウィリスの独壇場でしたが、妙な奴が乱入してまいりました。

適度な老けと激太りによって、哀愁と打撃の重みが加味されたセガール親父はある意味“いい感じ”ではあります。

内容も(「沈黙のテロリスト」とかに比べれば)そこそこ(ハードル低すぎか?)。

相変わらず悪役がダメダメですが、この人の映画はセガールの一方的な強さを堪能するのが目的なので、まあ致し方ないでしょう。

情報屋と怪しげな日本語で会話していたのはご愛嬌。