デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

シリーズ合体!江戸プロフェッショナル/必殺商売人[第1話]

イメージ 1

 
藤田まこと火野正平、梅宮辰夫に草笛光子

恐らくシリーズ最高平均年齢の異色作が放送開始(@時代劇専門チャンネル)。

「江戸プロフェッショナル/必殺商売人」[第1話/女房懐妊主水慌てる](1978年2月17日放送/工藤栄一監督)

異色なのは平均年齢だけではありません。

シリーズ初の2チーム制の導入(藤田・火野組&草笛・梅宮組)。決して信じず心許さず、互いを牽制しつつ、ひとつの仕事を完遂する緊張感。

草笛演じる“おせい”は、「必殺必中仕事屋家業」の元締め“おせい”と同一人物。つまり、本作は「新・必殺仕置人」の後日談であると同時に「仕事屋家業」の後日談でもあるという合体構造を持っている訳です。

更に主水の妻りつが懐妊し、「人殺しの分際で人の親になる」苦悩(藤田)と非難(梅宮)というアダルトな味付けも。

「懐妊ったって想像妊娠でしたってなオチじゃないの?」と思っておりましたが、これがマジ妊娠で、最終回に悲しい結末を迎えてしまいます。どこまでもアダルティ。

音楽は平尾昌晃が畑中“後から前から”葉子に手紙を書くのに忙しかったため、森田公一が初登板。力強くも哀愁漂うBGMを奏でております(主題歌は小林旭「夢ん中」)。

いやホントお子様(ジャニーズ)が出てないと落ち着くわ。主水の太刀筋の豪快さはシリーズ1かも。

必殺仕業人」から「新・必殺仕置人」を挟んで本作、中村主水シリーズの頂点を極めた三部作ではないでしょうか。