デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

知られざる日本文化をあなたに。 リトルトーキョー殺人課

イメージ 1
ユニバーサル・ソルジャー×クロウ×ヤクザ÷誤った日本観

・・無敵の方程式です。


リトルトーキョー殺人課」
(1991年/マーク・L・“コマンドー”・レスター監督)


ヤクの販路拡大でLAに乗り込んで来た吉田率いるジャパニーズ・ヤクザ軍団。

生意気な売人はその場で腕切り落として市場制圧。

迎え撃つはロス市警アジア特捜隊のバイオレンス刑事、ドルフ・ラングレンブランドン・リー

ドルフは日本生まれの日本かぶれ。幼少期、吉田に両親を斬殺されています(居合わせた彼の一太刀で吉田はスカーフェイスに)。

はい、これだけの材料が揃えばあとは何もいりません。ストーリーも脚本も不要です。

肉弾アクションと銃撃戦と日本人も知らない日本文化をご堪能ください。

ドラゴンの血を引くブランドンがアメリカかぶれというのも良い感じ

ドルフが自分で建てたという日本家屋が素敵(住みたい)。ふとんもテーブルも乗っていない骨格むき出しの電気炬燵のスイッチを入れるだけで『すぐ暖まる』(訳ねーだろ)。

吉田に犯られちゃった紅一点(間違っても日本人には見えない)が、仏壇のようなものに蝋燭灯して「切腹」の準備。

『日本の女が辱められた時にする儀式だ』(違う・・)。

腹を切るのではなく、喉を突こうとするのでぎりぎりセーフ(…じゃねぇよなぁ)。

極めつけはカチコミに行く際のドルフの晴れ姿(写真)。ドルフ、自分が何やってるか分かっているのか?

クライマックスは何を祝っているのか分からないリトル・トーキョーのパレード会場。

ドルフと吉田が、鎧武者コスプレの人が挿している刀を奪って戦うのですが、これがどちらも真剣。どんなお祭りだよ。

吉田役のケイリー=ヒロユキ・タガワもナイスですが、側近のハゲ親父(ハロルド坂田系巨漢)がナイス。鉄パイプを薙刀のように振り回しながら、

『なぁにがアンダーレストだ、このヤロー!』

外国映画の日本語台詞としてはトップランクだと思います。