デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

全てから破門された男。 日本暴力列島 京阪神殺しの軍団

イメージ 1

「アニキが信じているのは金光だけや。ワイが、ワイが日本人だからでっか?!」

邦画の、しかもヤクザ映画に於いて、このような民族逆差別発言が見られるのは本作だけではないでしょうか。

「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」
(1975年/山下耕作監督)


在日朝鮮人の花木(小林旭)は、零細ヤクザの客分として暴れていましたが、同胞である金光(梅宮辰夫)と兄弟分になったのをきっかけに、親分殺して花木組結成。

冒頭の台詞は元々花木の片腕だったのに金光が来てから片隅に追いやられた西田(伊吹吾郎)が花木に投げつけたもの。

やがて広域暴力団・天誠会の傘下となった花木組は、敵対組織・日新連合の下部組織を次々壊滅させる殺しの軍団として全国行脚。

天誠会と日新連合の代理戦争という事ですが、煽るだけ煽って上同士が手打ちという幕引きに梅宮辰夫が大暴走。

辰兄ィ最後の見せ場は何と灰とダイヤモンド

重い内容にも係らず、逆境上等なアッパー・オーラを纏った小林旭の魅力が炸裂。

相変わらずお腹真っ黒な狸親父・金子信雄冷徹無比に事を運ぶ天誠会若頭・成田三樹夫など芸達者な面子勢揃い。

山下監督って(深作欣二監督とかと比べると)あまり一般受けしない人かもしれませんが、もっと評価されて良い人のような気がします。