デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

必殺骨手裏剣。 ヒューマン・キャッチャー

イメージ 1

今月は「ジーパーズ・クリーパーズ」で始めたので、〆はこいつで。

「ヒューマン・キャッチャー

(2004年/ヴィクター・サルヴァ監督)


前作から3年経っていますが、時間軸は「ジーパーズ」の直後。23年に一度23日に渡って喰い続けるクリーパーズ復活期間の22日目。

サスペンス&ミステリーの続編はアクションというPart2のお約束を律儀に踏襲。

田舎の一本道で立ち往生したスクールバス(必殺骨手裏剣でパンク)に篭城する学生たち、息子をさらわれ(喰われ)復讐の鬼と化した親父(レイ・ワイズ)、そしてデビル・ウイングな匂いフェチ、クリーパーズの攻防戦。

バスケ・チームとチア・リーダーズという“ジョックス”連中の数が多くてまとまりに欠けるのが難ですが、復讐親父は実にいい感じ

トラックの荷台に特性の巨大銛発射装置を据え付けて、一撃必殺を狙う雄姿は、エイハブ船長、いや、「悪魔のいけにえ2」のレフティデニス・ホッパー)を彷彿とさせます。

前作では僅かだったクリーパーズの飛行形態も出し惜しみ無し。バタバタと羽ばたかず、大きな一振りで弾丸のように加速する飛び様が素敵です。

メイキングを見る限り、デビル・ウィングのCGとグリーン・バック合成以外はさしてデジタルに頼らず、生身メイクと生身アクションで賄っているようです。

バスの外の牧場が強制遠近法(遠くに行く程作りを小さくして狭い空間を広く見せる)で作られたセット撮影というのは感心しました。

※参考:「趣味:人間寄木細工。ジーパーズ・クリーパーズ(3?)」
     →2011年11月1日