デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

モケーレ・ムベンベ! 未確認で進行形♯6

イメージ 1
三峰一族は人間ではない…衝撃の告白を残して天空に消えた白夜・真白の母、白雪。

『ママは知ってたの?』
『…何を?』
『だから、ふたりのおかあさんの正体よ』

不在だった母を問い詰める紅緒。

『あんな…あんな若くて可愛いおかあさんだなんて、私聞いてない!』

揺るぎないな、紅緒。君がいる限り、このお話は安泰だ。

未確認で進行形/第6話・そうだ、小姑でうめよう」(2014年2月17日BS11放送/越田知明演出)

ショックで寝込んだ小紅でしたが、翌朝なんとか復活。

ここで、姉・紅緒のみならず母・茜も料理能力皆無である事が判明(紅緒はセンスゼロですが茜はやる気ゼロ。朝食はテンコ盛りの肉まん・あんまん)。

『人じゃないって、犬みたいな感じだったりする?』

僅かに残っている記憶の断片から“温かく柔らかい何か”を手繰り寄せる小紅。

『化けられるのかぁ、見たいなあ…駄目?』

君もなかなかいい心臓を持っているようだな、小紅。

時に2月14日。バレンタイン。

小紅は真白、親友の桃内まゆらを伴ってチョコ売り場へ。見渡せば桃内印のチョコ多数。まゆらは大手菓子メーカー・桃内製菓のお嬢様なのでした。

中でも真白のハートを鷲掴みにしたのが、UMAのチョコエッグ。未確認生命体に目がない真白は誘惑に勝てずUMAチョコエッグ大量買い。しかし…。

ネッシー、モンゴリアンデスワーム、雪男、ネッシーネッシーネッシーネッシーネッシーネッシーネッシーネッシーネッシーネッシーネッシーネッシー

恐るべしUMAチョコエッグ(笑)。

バレンタインのチョコを作る(まあ、湯せんして溶かしているだけですが)姿を見た紅緒が号泣。

「あの小紅が男の子にチョコをあげる日が来るなんて…。この寂しさを何で埋めればいいのかしら…。そうだ、小姑で埋めよう」(真白を抱きしめる紅緒)

毎回思いますが、サブタイの根拠が酷すぎです(←褒めています)。

ネッシーネタ連発は結構きましたね。

因みに真白が一番欲しかったUMAはモケーレ・ムベンベ(Mokele-Mbembe)だったようです(ネッシーとの違いがよく分かりませんが)。

コンプリートの道は遠い…。