デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

バッテリー底無し。 フィンランド式残酷ショッピングツアー

イメージ 1

タイトルからかなりアッパーでやんちゃな(ちょいとタガの外れた)内容を期待していたのですが、久しぶりに心を込めたこの一言を。
 
「うわあ、つまんねえ」
 

フィンランド式残酷ショッピングツアー」

(2012年/ミハイル・ブラシンスキー監督)

 
夫に死なれ、息子ともイマイチうまくいっていないロシア人お母ちゃん。
 
今日は息子を連れてバスツアー。目指すは文明の国フィンランド
 
この旅の様子を息子がスマホで撮る。延々撮る。ぎくしゃくした親子関係を撮る。だらだら撮る。
 
バッテリー底無しだな。ロシアのスマホは無限電池内蔵なのか。
 
あーもう、お前らの人間関係なんかどーでもいいよ、と思い始めた頃、バスは予定を変更して大型ショッピングセンターに。
 
さあ、お買いものよ!と思ったら店員がドアバタン、鍵ガチャン。そしておもむろにロシア人観光客にガブリ。
 
籠城とかサバイバルとか脱出作戦とか連携プレーとか反目とか一切無し。
 
完全に出オチ。
 
ここまでヒネリの無い投げっ放しホラーって初めてかもしれません。
 

ロシア人がやたらとフィンランドを文明国、自分の国を未開地扱いする自虐っぷりは面白かったですが…。


イメージ 2 ←ランキング投票です。よろしければワンポチを。