デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

脆いなあ、子供の骨…。 機械じかけの小児病棟

イメージ 1

“病院ホラー”は難儀です。あの御大ですらザ・ウォード/監禁病棟では上滑りしていましたし(御大絡みでは「ハロウィン2」もわたし的にはちょっと…。落合正幸監督の「感染」は結構好みではありました)。

サスペンスとしてなら「コーマ」「面会時間」などの佳作がありますが、ホラーとなると大リーグボール並みの変化球になるか、超オーソドックスな直球勝負のいずれかに。

本日ご紹介するのは後者。

「機械じかけの小児病棟」

(2005年/ジャウマ・バラゲロ監督)


RECシリーズの監督さんですが、今回は正攻法。

スペイン映画ですが舞台はイギリス、ワイト島。

老朽化で閉鎖が決まったマーシー・フォールズ小児病院は患者移送の真っ最中。

しかし、近所で列車事故が起きて大量の怪我人が出た為、移送先の病院が一気に万床。さらに、夜勤の看護師が“健康上の都合”で退職。

ええい、このクソ忙しい時に! という訳で、臨時の看護師としてエイミーキャリスタ・フロックハート。お久しぶりですアリーさん)が急遽ワイト島に。

 
イメージ 2

病棟には難病の少女マギーが。エイミーは彼女からシャーロットという霊の存在を聞かされます。最初はマギーの不安が生んだ妄想だと思いますが…。

子供の手足をボキボキと折っていくシャーロットの力技はなかなか。

脆いもんですねえ、子供の骨って。

邦題はやる気ゼロですが、原題はFRAGILE。意味は脆弱。

エスのアルバムタイトル(邦題「こわれもの」)と一緒ですね。

余談ですが、音楽関係者はこの単語が大好きなようで、スティング、ELT、Mr.Children川本真琴らが同名の曲を書いている他、大西順子宇都宮隆Nine Inch Nails畠山美由紀らが同名のアルバムを発表したりしています。

シャーロットとは何者なのか、という謎解き(察しの良い人はすぐに分かります)を経てクライマックスに登場したシャーロットは…うーん、ダダに変身しようとして失敗した五輪真弓って感じでしょうか。

 
イメージ 3

怖くはないですがインパクトはあります。

手がかりを握っていそうな人が次々死んでいく様はちょっと「オーメン」っぽいかも。スコア書いたロセ・バニョスさんには申し訳ないですが、音楽を全編ゴールドスミスの「アベ・サターニ」に差し替えたら5割増しで盛り上がるような気がします。

全体通して地味ぃな仕上がりですが、雰囲気系ゴーストストーリーがお好きな方には良いかもしれません。

再び余談ですが、病院のテレビにバスター・キートン「蒸気船」が映っておりました。ちょっと観たくなってしまいますね。



イメージ 4
←ランキング投票です。よろしければワンポチを。