デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

国際化の波に乗って…。 インド・オブ・ザ・デッド

イメージ 1
 

『わかったぞ…(あいつらは)ゾンビだ!』

『ここインドだぞ。お化けならまだしも』

グローバリゼーションだよ! 最初はHIV、今度はゾンビだ!』

 

国際化の波に乗ってゾンビがインドにライドオン!

 

「インド・オブ・ザ・デッド」

2013年/クリシュナ・DK&ラージ・ニディモールー監督)

 

ドラッグと女で会社をクビになったハルディクと酒もドラッグもやめたのに女にフラれたラブと常に二人の巻き添えになっているバニーの三人が、ヒッピーの聖地と言われる観光地ゴアへ。


イメージ 2
 

孤島で開かれたロシアン・マフィア主催のレイヴ・パーティに潜り込んで大満足!…だったのですが、一夜明けたら事態は一変。

 

見渡せばゾンビ。昨晩パーティで出回った新種のドラッグに“当たった”らしい。


イメージ 3
 

金欠でドラッグを買えなかった3人は命拾い。ゴアで知り合った美女ルナとロシアン・マフィアのボリスニコライと合流した6人は、映画で得たゾンビの知識をかき集めて島からの脱出を図りますが…。


イメージ 4
 

ボンクラ野郎がサバイバル、という図式は「ショーン・オブ・ザ・デッド「ゾンビ革命/フアン・オブ・ザ・デッド」と同じ箱ですが、はっちゃけ方は今ひとつ。

 

インドなんだから歌って踊れとまでは言いませんが、もっとボンクラらしい駄目駄目感が出ていても良かったかな、と。


イメージ 5
 

ゾンビ女に追いかけられるハルディクのシーンを森で戯れる恋人同士(ほーら、つかまえてごら~ん)な演出で撮っていたのは笑いました。

 
イメージ 6イメージ 7←ランキング投票です。よろしければワンポチを。