デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

クラシックロック探訪12 In Trance 復讐の蠍団/スコーピオンズ

イメージ 1

 

結成から50年。超長寿バンドとなったスコーピオンズ

 

ハリケーン (Rock You Like a Hurricane)1984年発表)1曲とってみても、「ナイト&デイ」「ロック・オブ・エイジズ」「ウォーム・ボディーズ」などで使われており、ジャンル問わずサントラ御用達バンドな趣きも。

 

現時点で出したアルバム24枚。どれを推すかは人それぞれですが、私は1975年のこの1枚。

 

復讐の蠍団/スコーピオンズ

 イメージ 2
In TranceSCORPIONS[1975]
 

やや産業ロック化した中期も好きですが、やはり“コマーシャリズムって何?”なウリ・ジョン・ロート在籍時の楽曲に惹かれるものがあります。

 

敢えて1曲目にタイトル・トラックのIn Tranceではなく、ウリがボーカルをとるDark Ladyを持ってきた辺りに「勝負!」の気合を感じます。

 

また、スコーピオンズのアルバムと言えば、“ジャケット差し替え問題”。その記念すべき第1号でもあります。



★劇中「ハリケーンRock You Like a Hurricane)」使用作はこちら。

 

 

イメージ 3←ランキング投票です。よろしければワンポチを。