デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

薄い、そして軽い。 俺は、君のためにこそ死ににいく

イメージ 1

 

毎年恒例815日。今年とりあげるのは…

 

俺は、君のためにこそ死ににいく

2007年/新城卓監督)

 

脚本・製作総指揮:石原慎太郎。冒頭にご本人からのメッセージがど~ん。

 

イメージ 2

 

てっきり自己チューを煮〆た俺様映画になっているのだろうと思いきや、これが実に淡白。

 

この淡白さが作品の色を薄~いものにしています。全編慎太郎節で井筒が発狂するような極彩色の面舵映画になっていれば(少なくとも私の)記憶には残ったと思いますが。

 

お話は陸軍の指定食堂「冨屋食堂」を営み、特攻の若者を世話し見守り続けた“特攻の母”鳥濱トメ(岸惠子)の視点による戦中戦後。

 

要するに岸惠子の映画です。…の割にはトメの心情が語られるわけではないので、どこまでも目撃者(そのくせ説明的台詞だけは多くて長い)。

 

では特攻隊に寄り添っているのかと言うと、個々のエピが軽く、カメラが中盤過ぎまで引きっぱなしなので、モブとモブがごっつんこしているだけで感情移入もできず。

 

イメージ 3
元々(坊主になっても)顔の識別のつく有名人は引いても分かるのですが…。

 

戦況に関する説明がないので、日本の置かれた立場も今一つ分からず、ドキュメンタリータッチと言うのも憚られます

 

大西中将が伊武雅刀なのですが軽い。信念を感じない。腹斬る時にあんな説明的台詞(俺が命じて殺した5,000の若者たちに詫びるため、俺は苦しんで死ぬのだ。介錯はいらん!)言わんしいらん。

 

やっぱ大西中将は鶴田浩二(「あゝ決戦航空隊」)だなあ。

 

イメージ 4
左・中央が本作。右が「あゝ決戦航空隊」。

 

最初の特攻を演出した敷島隊隊長・関行男役も「あゝ決戦航空隊」では北大路欣也でしたが、こっちでは的場浩司。軽い、軽すぎる。

 

戦後編はまるっと蛇足。

 

イメージ 5
人によってはツボなシーンかもしれませんが、陳腐過ぎて私はドン引き。

 

CGVFX)は素晴らしいの一言(特に炎上・空中分解・四散する隼とか見事)。

 

■シリーズ8月15日バックナンバー
※下記リンクはYahooブログ時代のものなので、現在は全てリンク切れとなっています。

「日本のいちばん長い日」→2008年8月15日

「俺たちは人間じゃない、部品なんだ! 人間魚雷回天」
 →2009年8月15日

「馬鹿野郎!馬鹿野郎!馬鹿野郎! 肉弾」→2010年8月15日

「勝つ戦争ならやってもいいのか!? 激動の昭和史 軍閥」
 →2011年8月15日

「死ねなかったあいつの為に。 近頃なぜかチャールストン」
 →2012年8月15日

「太平洋は巨大な墓場。 海ゆかば」2013年8月15日

「移設後初の815日。 陸軍中野学校 開戦前夜」
 →2014年8月15日

海ゆかばでは寂しすぎる。 血と砂」→2015年8月15日

皇陛下!お先に参りまぁーす! 大日本帝国
 →2016年8月15日

木炭バスと敬礼に考察。 たちの大和
 →2017815

 
 
 

イメージ 4←ランキング投票です。よろしければワンポチを