デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

決闘の日記念。 私的決闘シーン選手権。

『おうい副官、もう俺が誰だか分かってるよな?』

(頷く)

『ならいいんだ。ようし、勝負! 弾入れるまで待ってやらあ。こういうのを暇つぶしってんだぞ』

本日4月13日は「決闘の日」

1612年(慶長17年)の今日、美作の浪人・宮本武蔵と細川家指南役・佐々木小次郎の決闘が、豊前小倉沖の無人島・巌流島(舟島)で行われました。

以前(2020年)はストレートに「佐々木小次郎」と「猪木vs斎藤」をご紹介しましたが、今回は「私的決闘シーン選手権」を。

足枷としては「タイマンである(周りの雑魚同時殲滅はアリ)」「命のやりとりをしている」の2点を。

故に「プライドと尊厳を賭けたゲーム」とか「チーム対抗戦」とかは除外です(あと誰もが最初に思いつく「椿三十郎」と「切腹」は殿堂入りで除外)。

まずは冒頭掲げた台詞の出典元から。

「独立愚連隊」(1959年/岡本喜八監督)

戦争映画×西部劇。スパイ容疑者を「暇つぶし」と称して処刑していた副官をその刑場に追い込んで。連射で首を横一線。


本家西部劇は決闘見本市ですが、このマカロニの名作は外せません。

「続・荒野の用心棒」(1966年/セルジオ・コルブッチ監督)

両手を潰されて引き金を引けないジャンゴ(フランコ・ネロ)が、銃のトリガーカバーを外し、むき出しの引き金を墓地の十字架に押し当て支え、目にもとまらぬファニングで6人同時射殺。


そのマカロニで名を成したイーストウッドが詩情溢れるアメリカン西部劇を演出したのが、

「ペイルライダー」(1985年/クリント・イーストウッド監督)

かつて自分を撃った(殺した?)男の前に亡霊のように現れ、自身に撃ち込まれたのと同じ個所に同じ数の弾丸をたたき込む。


そのかっちょ良さにしびれてパーカッション・リボルバー「レミントン・ニューモデルアーミー」のモデルガンを買ってしまいました。

一気に横っ飛びして超能力対決(兄弟喧嘩とも言う)を。

スキャナーズ(1981年/デヴィッド・クローネンバーグ監督)

武器などいらん。格闘も不要。眼で殺す。意思こそ殺意。

いや、マイケル・アイアンサイドは眼だけじゃない。顔全体で殺す。顔芸こそ究極の殺意。


横っ飛び反則技決闘の頂点はこちら。

デッド・オア・アライブ 犯罪者」(1999年/三池崇史監督)

哀川翔vs竹内力。ウンコ座りのカウント・ダウンに始まり、誰も予想しえなかった驚天動地のクライマックスへ。

男なら出せる!背中からバズーカを。

男なら出せる!胸元から魂を。


その迸る熱情は地球さへも道連れに。

では最後に正統派ど真ん中、ごりごり骨が軋みを上げる王道時代劇を。

「仇討」(1964年/今井正監督)

理不尽極まるお家の事情、黙って飲んで死んでやろうと思っていたのに!

何だこの茶番劇は!?

せめて静かに死なせてくれ!


中村錦之助の怒りと橋本忍の怒りが見事にシンクロした武士道残酷物語。

時間が経つともっとあれこれ思いつくと思うのですが、本日はこの辺で。

★各作品のご紹介はこちらから。


★実は広義の「対決/決闘シーン」は以前にも取り上げておりました(今回は作品が被らないようにいたしました…からネタの使いまわしではない…はず)。

 

 

 

ランキング投票です。何で「ヒート」が入ってないんだよ!?という方もワンポチを。

 

 

 

★本日のTV放送【21:00~BS-TBS

mandarabatake.hatenablog.com

 

【逆万引き本の中には】怪異と乙女と神隠し #1【詠んでならぬ呪い歌が】

(忘れないようにここに記しておこう。これは私、緒川菫子と…口の減らない友人・化野蓮(あだしのれん)とのささやかな友情と別れに関する記録だ)

緒川薫子、閑古鳥が鳴きまくる今や希少本ならぬ希少店となったリアル本屋「みどり書店」の従業員。

ヒマな時間の話し相手は同僚の化野蓮。

普段は寡黙にして糸目の化野くんですが、時折見せる眼光は…。


本日午前零時を以て満28歳になる薫子。店長が冗談でくれた誕生日プレゼントは「逆万引き本」

いつの間にか書棚に「増えている」謎の本。

独り暮らしの家に戻ってまずはシャワー。薫子さんの特徴はとにかくデカイ。

原作からサービスカットをどうぞ。


汗を流したら缶酎ハイ。28歳、おめでとう、私。

薫子さんの本業(?)は作家。

(あの頃は何だって書けたんだ。15歳で新人賞を受賞して…だが、二十歳過ぎれば所詮はただの人。私はただの人だったらしい。あの頃に戻りたいな…)。

トートから零れ落ちる「逆万引き本」。何気なく繰って見る。

日本語っぽいけど微妙に違う。でもひらがなもあるし、要所要所読めるかな。

≪天なるや 月日のごとく 吾が思へる 君が日に異に 老ゆらく惜しも≫

それは万葉集。若返りたいと願う歌。


折角の誕生日。ケーキでも買うかとコンビニへ。そこで異変。体が縮む。靴が脱げる。


折角の巨乳が胸が小さくなっていく…だと!?


リーチインのガラスに映る姿は完全に子ども。一体何が!?

翌日無断欠勤。連絡もつかず店長困惑。

これが1週間も続くと放置もできず、化野くんに「様子見てきて」

化野嫌々家庭訪問。玄関はすんなり開いて防犯意識がばがば。

中は無人。ここで何が。そこに現れた1本の標識。それはここで怪異があった事を示す一種のマーキング。

目についたのは「逆万引き本」。匂いを嗅いで確信。原因はこれだ。


子どもとなった薫子さんは、再びあふれ出した新作アイデアに居ても立ってもいられず、裸足で夜の街を徘徊しておりました。


『アイデアが湧き出て、じっとしていられなーい! 家に帰って執筆だ!…家に? 家ってどこだっけ?』

『菫子さん、子どもの一人歩きは危ない。帰り道が分からないなら、案内しますよ』

化野も認識できなくなっている薫子の目から鼻から耳から血。そして喀血。

『頭が痛い!』

『その姿の反動ですよ。若返ったと思ってますか?子供の形に押し固められているだけで、あなたを構成する縮んだ分の血や肉や骨、あなたの余りは今もその体の中にあるんです』

つまり放っておくと「ひでぶ!」&「あべし!」になると…。

『おかしいよ。何故この姿に驚いてない!?』

『菫子さん…この本を読みましたね』

『それは!』


『声に出して読んではならない呪いの本。呪書と呼ばれている怪異です』

『本を読んだ呪いで小さくなったって言うのか!? そんな馬鹿げた話を信じろって言うのか!?』

『そんな馬鹿げた体になったのに信じないって言うんですか? これはあなたの命に係わる話ですよ』

万葉集の和歌の中には人ではない「何か」が詠んだものが紛れこんでいる。込められているのは「呪い」。

呪いが発症するには条件がある。

「深夜0時頃という時間」「月明かりの下」「28歳以上」「生娘」が音読した場合に限り呪いが発症する。詠み手が生娘である事。詠み手が生娘である事。

『怪異が純潔を証明してくれたんです!』

『頼むから黙ってくれないか。うっかり殺してしまいそうだ』

目血、鼻血、耳血、喀血。もう時間がない。月明かりの下に移動して再び歌を。

今度は反歌ではなく元の歌が添えられた長歌を。

これってあれですか。「ラミパスラミパスルルルルルー」みたいな(ぶち壊しですね)。


再びボン!キュ!ポン!な大人の体に。

一件落着…いやこの本は誰にも渡せない。だってこの本がないと…

本を抱えて走り去る薫子。

何故か瞬間先回りをしてゆく手を阻む化野くんですが、既に歌を暗記した薫子さんはこれを自在に詠唱して大人と子供を使い分けすり抜けかわし…。


『嫌だ!若くないと誰も私の本なんか読んでくれない!』

『どうしてそういう事になるんです?』

『私には!才能なんてないって思い知ったからさ!それでも小説が書きたいんだ!面白くないって誰より自分が分かっている!書いても書いても駄目って言われてまた書き直して…それでも、書きたいんだー!』


『大丈夫、書けますって。勇気は元々あなたの中にある。僕は作家・緒川菫子のファンですから。どうか新作を僕に読ませてください』

万葉集は無事、化野の元へ。

化野くんはこれを持ってとある駅のきっぷ売り場に。

『呪書ですか。これですと闇行きの乗車券1枚と交換可能です』

ここはある種の換金所みたいです。


『今回はやめておきます』

『それは残念。またのご利用お待ちしております。神隠

やはりただの人ではありませんでした化野くん。

実は本作、全くのノーマーク。「このすば」観た勢いと、「デート・ア・ライブⅤ」までの繋ぎくらいの軽い気持ちで見始めたら完全に見入ってしまいました。

冬期同様、春期も1話切りが多そうなので、視聴候補が増えるのはありがたいです。

 

 

 

ランキング投票です。万葉集の音読が趣味という方はワンポチを。

 

【そうだ、出家しよう】この素晴らしい世界に祝福を!3 #1【この半端無い破壊力に祝砲を】

『出家しようと思う』

カズマ突然の出家宣言(「てんぷる」か!?)。

この世の春が来たと思ったこともありました。ゆんゆんからスガマさんの子供が欲しいと言われてみたり、そこのロリッ子とふたりきりで布団に入ったりして、モテ期などと浮かれましたけれども…結果未だ独り身…得たものと言えば、オークに襲われ迎えた貞操の危機と、キメラとの心中による心神喪失勘違いでしたわぁ!

毎度お馴染み太宰治


ここいらへんの経緯は「紅伝説」で描かれているので、話が見えないという方は先に劇場版この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」👇をご覧ください。

 


紅魔の里を救って(まだ手にしていない報奨金にほくほくで)アクセルの街に戻って来たカズマと愉快な仲間たち。

しかし、紅魔の里でのあれやこれやはカズマの心折りまくりトラウマ植えまくりでメンタル崩壊。

ついに冒険者から坊さんへのジョブチェンジを。

果たしてカズマさんは煩悩振り払って解脱に辿り着けるのか?

この素晴らしい世界に祝福を!3/第1話・この明るい未来に祝杯を!」(2024年4月10日TOKYO MX放送/安川央理演出)

どうせ途中で引き返すと踏んで、一緒に寺に向かう仲間たち。

『俺の決心はあの岩山より硬いの!』

『プークスクスクス。豆腐より柔らかメンタルのカズマさんに言われても説得力無いんですけどー』

『よーし、歯を食いしばれ。今から俺の男女平等パンチでなぁ』

カズマさんの心に上条当麻先生が!

まあ、この人は昔から「俺は女にもドロップキックをぶちかませる真の男女平等主義者」とか言ってましたから、ブレは全くないわけですが。

因みに「豆腐メンタル」の英語字幕は「The mental resilience of tofu」、「男女平等パンチ」は「Gender equality punch」でした。

アクアが煽り、ダクネスが仲裁し、めぐみんがキレて爆裂一閃。そのまま動けなくなって野営。見事な役割分担です。

何かあったら多少乱暴でもいいから起こしてくれと言ったら『分かった。凄い起こし方をしてやる』と返されて『みゅう!』と変な声を出してしまうダクネスも軸のブレ無し揺るぎ無し(君、期待と興奮で逆に眠れないんじゃね?←はあはあ言いながら寝てました)

焚火を前にちょっとイイ感じになったカズマとめぐみんですが、カズマがあれこれ逡巡している間にめぐみん爆睡。

世は全て事も無し。安心保障このすば。


翌日、寺への道すがら怪我して佇む少女を発見。つい助けたくなりますが、この子は…

『あれ、擬態したモンスターだ』

カズマの敵感知スキルがビリビリ反応。

安楽少女…植物型モンスター。通りかかる旅人に対して強烈な庇護欲を感じさせる危険なモンスター。傍にいる間はひどく安心した笑みを浮かべるため、とにかく離れることが難しい』

カズマがガイドブックの注意事項を読み上げますが、あっという間に全員篭絡、骨抜き。


『その庇護欲で旅人を足止めして餓死させ、そこに根を張るんだと』

ちょっと補足すると「栄養価が無い上に麻薬成分を含んだ木の実を与えられた旅人は夢見心地で餓死」し、「安楽少女に根を張られて養分を吸収される」そうです。

ギルドの討伐指定モンスター、倒せば報奨金が出るし、次の犠牲者を出さずに済む。カズマがちゅんちゅん丸を構えると。

『殺す…の?』

(喋るのか~)

『ちょっとカズマ何する気!?』

『させませんよ!』


女性軍総出で防御態勢。ロリサキュバスさんが来た時と真逆の対立構造ですね。

『殺す…の? 御免ね、私が生きてるからだね。私がモンスターだから…今度生まれ変わる時はモンスターじゃないといいなぁ(涙)』


流石のスガマさんもこれには陥落。討伐断念、寺を目指して旅の空。

途中、会話が可能なら説得も可能なのでは? 旅人に声を掛けないようお願いしたり、養分になりそうなものを届けることもできるのでは? と考え独りとって返したカズマさんですが、そこで見たものは…

『ちっ…さっきの連中、肉付き良くていい養分になりそうだったのにちっちっ…あ~何がいけなかったのかなー』


舌打ち繰り返すやさぐれモンスター。見た目のみならず性格も擬態しておりました(合掌。後に安楽少女の苗をアクアが庭に植えてしまいちょっとした騒ぎになるのですが、それはまた別の話)。

安楽少女が養分の糧としていた(けど今はすっからかんになった)旅人の遺体を埋葬し、持っていた小槌を持ち帰って来たカズマさんでしたが、これが何と打出の小槌

これさえあれば何不自由のない暮らしができる。出家終了。リターン・トゥ・アクセル。

しかし、打出の小槌は盗賊クリス(に擬態したとある女神)がスティール(流石にこんなものを持っていたら堕落してしまうと思ったんでしょう)。

金のなる木は失いましたが、落ち込むカズマを見て何故か皆安心顔。何も変わらない、あくせくしない、頑張らなくていい、それはアクシス教の訓えそのもの。

そこに舞い込んだ1通の手紙。

ダクネスの実家であるダスティネス家を通じてカズマにもたらされたベルゼルグ王国の第一王女アイリスからの招待状。

数多くの魔王軍を打ち倒して来たカズマの武勇伝を直接聞きたいとの思し召し。

顔面蒼白ダクネス。不敬があれば首が飛ぶ。勿論ダスティネス家もただではすまない。

辞退しよう、というダクネスを無視して盛り上がるその他3人。

どう転んでもバッドエンドしか見えないカズマの王女謁見。絶望のズンドコ、ダクネスの絶叫。

『く、殺せ!私を殺せ!くっころ~!』


やはり4人揃うと破壊力が半端ありません。ボケる突っ込むボケて返してまた突っ込む。

やたらとキャラがデフォルメされがちだったのと悲鳴・絶叫(アイキャッチのこのすばコール含む)がエラい事ハイテンションだったのが気になりましたが、3期開幕の祝砲ということで。

今期のお楽しみ一番です。

※第1話に限った話かもしれませんが、海外配信のタイミングが国内放送(4/10スタート)より若干早い(4/7時点で視聴出来た)。

国内放送前のフライングレビューは怒られそうな気がするので、放送終了直後にしました。

 

★出家と言えば。

 

 

 

ランキング投票です。出家したい方はワンポチを。

 

【退路水没、前方荒野】終末トレインどこへいく? #2【大地に浮かぶはナスカとアマビエ】

『池袋ってモデルスカウトとか執事とかいるんだよね。あと探偵とか殺人犯も。うかうかぼさぼさしてたら、刺される轢かれる騙される!』

7Gの暴走で時空が捻じれた世界。位置も距離も、生物の理すら変貌してしまった世界。

21歳3ヶ月を超えると住民全員「動物体」にメタモルフォーゼする吾野に暮らす女子高生・千倉静留は喧嘩別れ後行方不明になってしまった友人・中富葉香が池袋にいると知り探しに行くことに。

足は西武鉄道2000系。運転は吾野で唯一、動物体にならず人間体を維持している(但しボケ老人。運転士の帽子を被ると1日5分限定でイケオジに戻る)善治郎さんに教わって。

発車の瞬間、星 撫子、久賀玲実、東雲 晶、秋田犬のポチさんが飛び乗っていざ出発。

池袋まであと30駅。

「終末トレインどこへいく?/第2話・推測、だろう、思われる」(2024年4月8日TOKYO MX放送/菅沼芙実彦演出)

長いトンネルを抜けるとほぼ湖と化した高麗川(こまがわ)が。


レールはカーブカーブの連続で速度制御が効かず、トロッコチェイス状態。


勢いで出てきましたが、一息ついて冷静になってみると問題点が山積み。

静留以外は学校帰りの飛び込み乗車なので、所持金無し、着替え無し。準備してきたという静留も荷物を開ければ食料品ほとんどなし。

調理道具もないのに袋麺やパック飯…まではいい(生で喰えない事も無い)として花かつお、かんぴょう、大豆、だしの素って…。


あとは何故か吾野名産のゴーヤー(みるみる弦を伸ばしている!)。

完全に舞い上がって「視野狭窄的な何か」になっていたようです静留さん。

深まる霧の彼方から現れた影は「高麗川に棲息しているという伝説の首長竜こまっしー」…ではなく、スワンボートに乗った変なおっさん(爺さん?)でした。

互いにお久な人間邂逅。ちょっとした情報交換と軽い物々交換。

もたらされた情報は『7G事件で、ここ西武池袋線沿線以外の世界は消えてしまった…と推測されるだろうという事かと思われる』

『推測、だろう、思われる!?(サブタイ回収)』

それって「大規模漂流教室」って事すかね。

最後に受け取ったのは「超役に立つ」おっさんの自作手書き地図。

どんな有益情報が書き込んであるのかと思えば…。

すごろくかよ!?


どうする? 資金も資材も情報も不足している(と言うか無い)。一旦、吾野に戻って準備し直そう。

玲実のクレバーな判断に全員同調して回れ右。しかし…。

高麗川の水位が増している。レールがほぼ水没。このまま前進(後退?)したらモーター部が浸水してしまう。

その時聞こえて来た断続的な金属音。レールを叩いているようなその音は…

『モールス!モールス信号だよ、これ』

発信主は吾野の善治郎さん。毎日17時に連絡を取り合う約束でした。


なかなか打ち返せない静留に変わって使える中学生・東雲 晶がモールス発信。

水位上昇の危機を伝えると「高台に避難せよ」。前進か後退かを確認しようとしたところで善治郎さんの変身リミット(1日5分)が切れてボケ老人に逆戻り。

足元では河の水位がみるみる下降。一気に引いたと思ったら遠方でぐぐっとせり上がって…ヤバイヤバイでぇ…。

『前進!』

放送自粛レベルの自然災害が全速力で追いかけて来た!


呑まれる、逃れる、振り切る、離す。

かろうじて安全地帯に辿りつきましたが、振り向けば戻る道無し退路無し。

進む先は荒野。その地面にはナスカの地上絵図とアマビエ(なんでだよ!)


そして到着、東吾野。ようやく一駅。駒ひとつ進めるだけでパニックアドベンチャー1本分。


出迎えたのは人間。和装美人のお姐さん…って頭にキノコ!?

あー、スワン仙人が描いた「超役に立つ地図」、ちゃんと正しい情報が書き込まれていたんじゃん。


さてキノコ人間は善人か悪人か。OPの絵柄見る限りじゃ果てしなく不穏。


マタンゴ(キノコを喰うとキノコになる)か? はたまたうる星やつら141話「魔境転生!ダーリンは何を考えているっちゃ!?」(毒キノコを喰うと喰った人間の妄想が現実になる)👇か?


後者だと嬉しいですが、まぁ違いますよね。

★キノコと言えばこの2本。

 

 

 

ランキング投票です。頭きのこ食べたい方はワンポチを。

 

おもらしロリはキューピット。 おくさまが生徒会長! ♯10-12

リメンバー僧侶枠「其の壱」最終コーナー。風紀委員長・三隅倫の更なる大暴走で幕を閉じるのかと思いきや、終盤の主役は意外にも、“倫の乳より重いものをもった事がない” 風紀委員・猿渡真都(さわたり まこと)でした。

正確には“倫の乳より重いものを持ち上げた事がない”だと思いますが。


おくさまが生徒会長!/第10話・猿渡さんの真夏のプレゼン|第11話・生徒会長16歳になる|第12話・会長の身内くん」(2015年9月放送/古川博之演出)

会長業務のお手伝いで休日登校した副会長・和泉くんの視界に「明らかに体重より重い荷物を担いでいる」猿渡が。


荷物は図書室の本(そりゃ重いわ)。地球の重力に負けて天を仰いだ猿渡を保健室に運んで介抱してやる和泉くんですが、会長とのメールのやりとりから「同棲(=不順異性交遊)」を疑われる破目に。

猿渡の分かりやすすぎる尾行を和泉が一喝したらビビってチビって(子供かよ!?)。


成り行きでお持ち帰りの上、下着の洗濯とシャワーを提供した和泉くん。

まさかここでロリっ子のサービスシーンが拝めるとは(デコ出し猿渡はちょっとレア)。


あれやこれやで会長との同居(同棲ではない)がバレて認めて沈黙要求。

『黙る代わりに条件…倫のことも候補に入れる事!』

更に見返りとして秘蔵の倫ホルダからお好きな画像を進呈。

全部盗撮じゃねーか!


それでも動かぬとみるや『私をオマケにつける!』

何と自らの体をなげうって騎乗位。


『このまま押し付ける…顔に!気にするな。サービス』

そうまでして倫に尽くすか猿渡。

『倫の事、嫌い? 嫌いじゃなかったらもうちょっと倫の事、考えてあげて』

そこまで和泉への想いがバレバレなのか倫。

猿渡の股間ゼロ距離寸前に会長ご帰宅。

『副会長のどこが好き?』という猿渡の直球質問にしどろもどろの会長さんでした。


後日。借りたパンツを返しにきた猿渡ですが、おまけでスケスケエロネグリジェも。

どうやら和泉が会長との同居を誤魔化すためについた咄嗟の嘘(女性用下着は全部自分のモノ=自分には女装癖がある)を包み隠さず猿渡に告げていたようです(身内には口軽いなぁ倫)。

この想定外プレゼントを「和泉が自分に用意してくれた誕生日プレゼント」と誤解した会長が早速装着してお披露目。


『なあなあ、似合っているか?』

(猿渡、よくやった…)

その後、改めて姿見に全身映してそのエロさに悶絶(恥ずか死)。


『待てよ。男性が女性に服を贈るのは、それを脱がせるためと聞いたことがある。という事は…』

ホント、ロクな事教えないなお母さま。

母の教えを胸に和泉くんを襲いに行く会長。激しいキスに和泉くんの股間も激しく反応。


『私も…反応しているようだ。確かめてみたくないか』


おお遂に男女の本懐か。和泉くんも理性の糸が切れて準備万端でしたが、肝心の会長の頭が一足先に真っ白になってしまい…。


これが16歳の限界というものでしょうか。

最終話は会長の父(母同様滅茶苦茶若い。見た目が)も登場。隣室の三隅姉に同棲の件がバレて(会長父が余計な事言って)波乱含みの第2期へ(そのうち2期もご案内いたします)。

おまけ

『つ、つかぬ事を聞くが…その…私のあげたパンツは息災か!? むしろ舐めたり被ったりしてくれたか!?』

『するわけないでしょ!』

『で、でもぉ、頬擦りくらいはしてくれたはずだぁ!』


会長のプライドを傷つけてはいけないよ、和泉くん。

 

 

 

ランキング投票です。倫の秘蔵写真が欲しい方はワンポチを。