デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

【劇画の間合いに立つ】日本暴力地帯【若き清水健太郎に震える】

『あんたの気持ちも分からんではない。せやけど、大和田組若頭としてあんたを仙波のところに行かすわけにはいかんのや』

『…それも分からんでもない』

敵と味方の分水嶺をするりと跨ぐ劇画の間合いに立つ中条きよしと清水健太郎

画になるなんてもんじゃない。

「日本暴力地帯」(1997年/村上和彦監督)

現時点で140本のVシネに関わって来た劇画家・村上和彦の初監督作。

始まりは昭和63年、舞台は愛媛県松山市

そこは全国制覇を掲げる日本最大の広域組織・三代目大和田組にとって何としても落としたいシマ。

地元老舗の矢野組が大和田組傘下の仙波組の的にかけられ組長・矢野(白影こと牧冬吉。恐らく本作が遺作)が死亡。組は解散。

矢野組若頭・鬼頭清次(中条きよし)は大和田組の事始め式の会場に単身殴り込み。目指すは頂点、三代目大和田組会長・島村剛造(芦田伸介)。

並み居る幹部連中をささらもさらにして会長迄あと一歩と迫りますが、立ちふさがった大和田組若頭・荻島朝重(清水健太郎)の一太刀を浴び、ドスの雨降らされて無念の敗退。


島村会長の計らいで命だけはとられなかった鬼頭は8年後の平成8年、高松刑務所を出所。

出迎えたのは荻島。待っていたのは島村。

勝ち目のないカチコミをかけてきた鬼頭を買った島村は何と「任侠道を貫く闇の仕置人として大和田一門の不正の粛正」を依頼。

その場では一笑に付した鬼頭でしたが、松山に事務所を構えた仙波組が、汚い罠で矢野組が仕切っていた港湾事務所の乗っ取りを仕掛けて来たことで島村の依頼を受けることに。

『お前に盃はやれん。しかし、日本任侠道を守るという大義の上に於いて、ワシとお前は親と子じゃ。鬼頭よ、これこそがワシとお前の絆の証じゃ』

絆の証。それは鬼頭の背中に掘られた大和田組の代紋と≪会長代行≫の文字。

必殺仕置人・鬼頭清次の誕生です。


鬼頭の監視と殺しのアシスト(後始末とも言う)を受け持つ荻島が鬼頭以上にかっちょいい。

鬼頭が始末した(ひとりは首斬り落とした)仙波組の実行犯ふたりの葬儀会場で、死んだ2人の「遺書」を読み上げ、組に迷惑をかけた事に対するお詫びの自殺であると有無を言わさず断定する姿の凛々しさったらありません。


清水健太郎はこの翌年から「首領(ドン)への道」がスタート(中条きよしは製作総指揮)、翌々年には中条きよし主演の「必殺!三味線屋勇次」にゲスト出演しています。

因みに原作者兼監督の村上和彦は後に覚せい剤で逮捕される健太郎の後見人を務めることに。

今回の主役3人の役どころ(元締め・島村会長、仕置人・鬼頭、監視役・荻島)に既視感があるなぁと思ったら、

正に「新・必殺仕置人」でした。


本作の撮影と2作目以降の監督は、必殺シリーズを支えてきたカメラマンの石原興です。

 

★似たような設定の近作にこんなのもありましたね。


★中条きよしでひとつ。

清水健太郎からもひとつ。

 

 

 

ランキング投票です。浪花節に走る前の健太郎が好きな方はワンポチを。

 

 

★本日9月25日はマイケル・ダグラス(1944~)、マイケル・マドセン(1957~)、Wマイケルの誕生日(おめでとうございます!)

各々名をあげた初期の作品をひとつずつ。

 

「月が綺麗ですね」に関する浅~い考察。 それでも歩は寄せてくる ♯12(最終回)

『うるし~、月がきれいですね、は愛してますって意味なんだって!ちゃんと覚えとけ~』

修学旅行最後の夜。歩と遠距離将棋をする事になったうるし。

マキの言葉に見送られてホテルのロビーへ。

窓の向こうを見上げれば夜空にかかるでっかい満月。

たった3日会っていないだけで、歩の存在を強く意識してしまううるし。

繋がった電話から流れて来た歩の言葉は、

『月がキレイですね』

 

「それでも歩は寄せてくる/第12話・勝って伝えたいので」(2022年9月22日深夜TBS放送/湊未來演出)

元々有名な話ではあった《夏目漱石が「I LOVE YOU」を「月が綺麗」と訳した》という都市伝説ですが、近年のラブコメ(漫画・小説・アニメを問わず)で乱発されたため、一般にも定着してしまいました。

オタクな外国人は日本人に「月が綺麗ですね」と言えば、「愛してます」と脳内変換してくれると本気で信じているのではないでしようか(ないぞー)。

独り歩きした逸話(都市伝説含む)にはよくある事ですが、この話にはdetailがすっぽりと欠落しています。

はて、漱石先生は、いつ、どんなシチュで「I LOVE YOU」を「月が綺麗」と訳したのでしょう。

伝え聞く話では、松山で英語教師をしていた漱石が、「I LOVE YOU」をどう訳すか、と問い、学生が「我、君を愛す」と答えた時

『日本人はそんな無粋な事は言わない。こんな時は「月が綺麗ですね」とでも訳しておけばいい』

と言ったというのが起源(あくまで伝聞であり、この会話の存在を裏付ける記録・古文書の類は一切存在していない)。

英国留学時代の漱石のノートには「此 I love you ハ 日本ニナキ formula (表現。定型句)ナリ」というメモが残っているそうなので、彼の中ではI LOVE YOUは日本人のメンタリティにそぐわない言い回し、という思いがあったのは確かなようです。

直情的で図々しく無粋、それが漱石にとってのI LOVE YOUなのでしょう。

都市伝説定番の流れとしてこれには多数のバリエーションが存在します。

「月が青い」だったり、「星が綺麗」だったり。

2008年2月25日放映の日本テレビ人生が変わる1分間の深イイ話』では『君といると月が綺麗ですね』に(実は名訳なのでは?)。

漫画やアニメでこの台詞が使われるパターンは大きく3つ。

言っている本人が無自覚で回りがドギマギしてしまうパターン

生徒会役員共

 

その気で言っているのに相手に伝わらないパターン。

創作漫画「好きな先輩が鈍感すぎる。」


そして、相手が分かって使っていると承知の上で、更にネタで返すパターン。

げんしけん

 

歩の場合は勿論❶の「無自覚パターン」。

それでも、月灯りに照らされて、相手の声を自身の指でトレスする遠隔将棋は実にロマンチックでありました。


最終回は歩の告白で終わるのかと思いきや、うるしが歩を好いていると自覚してTo be continued.

実にあっさりした幕引きでしたが、2期、期待しております。

 

 

ランキング投票です。「月が綺麗」使用経験のある方はワンポチを。

 

 

 

★本日9月24日は丹波哲郎(1922~2006)の大霊界出立記念日。

盟友(?)石井輝男監督作からこの2本立てをどうぞ。

 

★本日のTV放送【21:00~BS-TBS

 

ポーランドの狂った映画ポスターに関する浅~い考察。


問題です。これ👇は何と言う映画のポスターでしょう。


答えは「エイリアン」(本当だってば!)

以前「何故、こんな事に…? 海外トンデモ映画ポスター25選」という記事をUPしましたが、あれの続編。

これ👇ね。


あの時もおかしなポスターの産地は大抵ポーランドでした。何故、ポーランドの映画ポスターはトンデモなのか。

理由を紐解く前にもう1問。これは何と言う映画のポスターでしょう。


答えは「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(嘘じゃないって!)

右側のほうはまだ面影がありますが、左側はもはやジャンルすら(笑)。

勢いでもうひとつ。タイトルが出ているのですぐわかりますが「シャイニング」


かつてここまでシェリー・デュヴァルの恐ろしさを形にしたポスターがあったでしょうか(絶対にない)。

ポーランドの映画ポスターの狂った独創性には理由がありました。

第二次世界大戦後、ポーランドでは独裁者が次々と入れ替わり、完全に共産主義支配下に置かれておりました。美術品は基本的にスターリン政権によって検閲されるようになったのです。

しかし、ここに驚くべき抜け道がひとつ。ポーランド映画協会(Film Polski)と映画レンタル協会(Centrala Wynajmu Filmow)、略してCWFに代表される国営の映画産業は、映画のポスターデザインをアーティストに依頼しましたが、政権はそれがどんなものであろうと全く気にしなかったのです。

これにより、政府やハリウッドの大手スタジオの干渉を受けず、クリエイターがほぼ無制限に好きなように芸術的自由を与えられるという、ユニークな状況が創出されました。

50年代には、映画ポスターのデザインは事実上、規制のない唯一の芸術表現に。

商業的な制約がないため、アーティストたちは創造力を発揮し、印象的な色彩、奇抜なビジュアル、ウィットに富んだ比喩を用いて、テーマや映画のタイトルを象徴的かつ抽象的に表現する巧妙な方法を見出した…という事のようです。

※詳しい話は「THE INSANE HISTORY OF POLISH MOVIE POSTERS」に載っていますので興味のある方はどうぞ。

 

ではその他の作品も。ロバート・デ・ニーロ4連発


このトゲトゲゾンビのどこが「タクシードライバー」?

日本映画代表でゴジラも。


左のゴジラ対ヘドラは結構いい感じだと思います。

※タイトル画像は「キャバレー」です。韋駄天になったライザ・ミネリをご堪能ください。


★ご参考~イタリアンも侮れません。

 

 

 

ランキング投票です。ポーランドポスターを部屋に飾りたい!という方はワンポチを。

 

 

 

★本日9月23日は光と影の魔術師・工藤栄一監督(1929~2000)の命日(合掌)。

昨年は「大殺陣」「必殺からくり人/最終回」の2本立てで在りし日を偲びましたが、今年はこの2本で。

 

 

【ニューナンブM60が】邪神ちゃんドロップキックX ♯12【太陽を撃ち落とす】

『太陽って罪よねえ。黒点の数を増やせば、少しは涼しくなるのかしら』

太陽黒点が消滅すると創世王の寿命が尽きるので、シャドームーンとブラックサンによる後継者争いが起きるわけですが、黒点が増えたらどうなるのでしょう。

「邪神ちゃんドロップキックX/第12話(最終回)・ドロップキックは永遠に」(2022年9月20日深夜テレビ東京放送/矢野孝典演出)

ヴァンパイア族の花園ゆりね勧誘(グッとは来たものの回答保留)、魔貴族の誇りを取り戻すための邪神ちゃんのトレーニング大作戦(体を絞り過ぎたせいでミイラになるも風呂に浸けたら復活)。

邪神ちゃんのスポーツブラはちょっとレア?

 

最後は自己肯定感を高め、魔貴族の誇りに目覚めた邪神ちゃんが、レギュラーメンバーをもてなす自家製プールDE大宴会(結果的に水着回)。

でっかいゴムプールはパチンコの戦利品。何と負けるばかりじゃなく勝つ時もあるんですねえ邪神ちゃん。


初音ミク、遊佐に浩二にペルセポネ1世とリエール、〆に婦人警官・橘芽依も加わってレギュラー総登場。

ここで橘芽依が冒頭の台詞と共に愛銃・ニューナンブM60を太陽に向けてダブルアクションで3発。


ニューナンブM60は、後にミネベアに合併吸収される新中央工業が開発した日本の警察官用回転式拳銃。1960年から警察への納品が始まったのでこの名になりました。

トリガープルが重いためダブルアクションの命中率は散々…らしいのですが、橘芽依の放った3発は見事太陽を射止め(射程距離1億4960万km!)…。


撃ち抜かれた太陽は軌道を離れ地球へ向かって一直線。

これを阻止できるのは邪神ちゃんしかいない。

『邪神ちゃん、アニメではあやふやになっていた真・ドロップキックを今授けるわ。↓↘→↗+Ⓚよ』

『コマンド入力かよ』


恩師・ペルセポネ1世から得たコマンドを入力した邪神ちゃんは太陽にタイマン挑み(おー「鉄腕アトム」の最終回みたいだ)。

4期はまたクラファンになるのでしょうか。あまりお礼参りに尺をとられるのも全体バランスを崩すので地域とのタイアップはほどほどに。

海外なら1ヶ所くらいあってもいいかな。

 

今週の名言

『こいつらヴァンパイア族だぞ。人間界で言う反社だぞ』

そ、そうだったのか。どうする夜守?

あとヴァンパイアは犬が嫌いとか言っていたけど「ドラキュラ ゾルタン」って犬連れてなかったか?



 

ランキング投票です。ニューナンブM60好きの方はワンポチを。

 

 

★本日9月22日はジョージ・C・スコット(1927~1999)の命日。

あれもこれもご紹介したいですが、本日はこの2本立てで。

 

【ハル・ニーダムに捧ぐ】キャノンレース【スカンジナビア半島縦断2200km】

 

冒頭《ハル・ニーダムに捧ぐ》の文字。


あとはお察し公道レース。

「キャノンレース」(2014年/ハルヴァルド・ブレイン監督)

自動車修理工場を経営する傍ら出場する地元サーキットの常勝チャンピオン、ロイ(アンドレス・バースモ・クリスティアンセン)は、スピード違反120回、離婚歴2回。愛車のマスタングだけが生きがいの(世間一般の基準に照らせば)駄目男。

この駄目男を「生涯のライバル」として付け狙うTT(ティーティー。トロンド・ハルボ。めぐみんを追いかけているゆんゆんみたいな奴)に挑まれた公道レース。

街の中心部までじゃ近すぎる。せっかくだからでっかく行こう。


首都オスロからノルウェー最北端のノール岬まで。スカンジナビア半島縦断2200km。

タイマン勝負と思いきや「まてまて、そんな面白い話、二人だけじゃ勿体ない。俺たちも混ぜろ」と噂を聞きつけたスピード野郎が大集結。

普通、こういう状況なら賭場が開帳して「どっちに賭ける?」な展開になるものですが、賭けよりも一緒に走る方を選ぶあたり、国民性が出ているのかもしれません。

参加費用は100クローネ(昔から二人の間で取り決めている1勝負の賞金。1デンマーク・クローネは約19.25円なので1925円。今回は勝者総取りにしても大した額にはならないでしょう。「激走!5000キロ」の賞品=ガムボールを思わせる安さです)。

約束の夜。全車集結GO AHEAD!

地理が呑み込めていないので、要所要所で地図が出るのは助かります。


ロイの別れた妻との間に出来た娘とか、ロイの周りの愉快な仲間たちとかもレースに関わってきますが、美味しい役どころはロイたちが若い頃から取り締まりに執念を燃やしている地元警察のフィリップ(ヘンリク・メスタド)でしょう。

静けさを求めて休暇を取り、釣りに興じていた所、レースの爆音を聞きつけて即撤収。ヘリを呼びつけて現場へ(警察局特殊班とかに出世している!)。


ちょっと、ルパンの復活を喜ぶ銭形みたいで微笑ましい存在です。

レビュー眺めていると「ワイルド・スピード」あたりと比較して迫力不足だのレースとしてのリアリティがないなどと言い垂れている人がいらっしゃいますが、何をおっしゃいますやら。

ハル・ニーダムに捧げているんですよ。お手本はキャノンボールに決まっているじゃないですか。

いいんですよ、ユルくて。

フィヨルドの美しい景観を眺めつつ、軽~いギャグ(レース車と知らずにヒッチハイクしてずっと祈り続けている外国人バックパッカーとか、地方警察官の耳慣れぬ方言に固まるフィリップとか、当局の妨害をトンチで出し抜く地元応援団とか)に1/125秒くらい頬緩ませればそれでいいんです。

道を塞がれた?なら道を作ってしまえ。


まあ、フェリーの時間に間に合ってしまえば、それまでの時間差が帳消しになってしまうのはどうかと思いましたが(せめて船着き場までの到着時タイムを取って、着岸時点から時間差再スタートにするとかしないと。離岸時ジャンプ乗船の扱いをどうするかとは別にして)。


今作、ノルウェーで大ヒットして続編が作られているのですが、何故か邦題がバラバラ。

2作目が「クラッシュ・ゾーン」、3作目が「アスファルト・バーニング」(原題は「BORNING 2」「BORNING 3」なのに)。

おまけ

本作ヒロインポジ(?)になるお姉さん(ヤニ・スカヴラン)は梅宮アンナに似ていると思いました。



★公道レースのマスターピース3選。

 



ランキング投票です。賭けるより走るの人はワンポチを。



 

★本日9月21日はビル・マーレイ(1950~)の誕生日(おめでとうございます!)

すっとぼけぶりが堂に入っているこちらのゾンビものを。

そして、本日のTV放送は、ビル・マーレイが某主演女優(のひとり)と揉めに揉めて続編を降板した(と言われている)こちら。

★本日のTV放送【13:40~テレビ東京午後のロードショー