デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

【久保家の女には見える。そして…】久保さんは僕を許さない #3【白石巨乳好き疑惑】

15cm。一般的に理想的とされるカップルの身長差。

白石163cm、久保さん160cm。白石さんが階段1段分上がればざっくり15cm差。

『このくらい慎重差があると頭、撫でたくなるね』


それがしたくで階段ひとつ上がったのか久保さん。

『私はね、15cm差より(ふわりと階段を飛び降りて)、こっちの方が好きだけどな。なんてねー』

ここ、原作ではかなり大胆な台詞👇だったのですが、キャラを踏まえて奥ゆかしい発言に修正されておりました。皆様のお好みはどちら?


「久保さんは僕を許さない/第3話・凡者の贈り物」(2023年1月24日深夜TOKYO MX放送/深谷由里香演出)

新キャラで白石君弟・誠太登場。

大抵は可愛い妹の出番ですが、今回は弟。男かよ、と思うなかれ。これがどうしていいか分からないくらい可愛い。

白石君を「にいにい」と読んで慕う姿に初対面の久保さんもメロメロ。


ここで誠太が白石君に久保さんとの間接KISSをプレゼント(久保さんのココアを貰って飲み、久保さんにご返杯「どうぞ」した後、白石くんにお流れ「どうぞ」。勿論無意識)。


素直に受けられないヘタレな白石君ですが、「飲まなかった」と言う事は「自分を意識してくれている」と言う事で嬉し恥ずかしな久保さんでした。

お気に入りの漫画の最新話が読みたくて掲載誌を買おうと思ったけど、表紙が水着のお姉さんなのでちょいと離れた本屋さんまで遠征した白石君。

棚の中には「からかい上手の高木さん」特集号が!


立ち読み勢が引けるのを待って雑誌コーナーに向かったら、前の人が読んでいた成人誌が乱雑に。

棚に戻そうとしつつ、折角だし、ちょっとくらい見てもいいかな、と下心。どうせ、自分は店員さんには認識されないし。

なんてことを思っていたら耳元で

『んー、ちょーっとお姉さん、その本は君には早い気がするなぁ』


店員さんに認識された!僕を見つけられるのは久保さんくらいしか…と店員さんの名札を見たら「久保」

苗字が久保の女性は僕を見つける事ができるのか!(正確には久保家の血筋の女性は、なのですが、白石君は店員さんが久保さん姉であることを当然ながら知りません)

目的の雑誌を買って早々に退散した白石君ですが、学生手帳(今は生徒手帳とは呼ばないのか。いやしかし白石君は生徒手帳と言っているな)を落として身バレする失態。

高校が妹と同じ春賀北高と知ったお姉さんは手帳の返却を妹(久保さん)に依頼。

『その子さあ、エロ本読んでてさあ。表紙の子、巨乳だったなあ。いや若いねえ』

お~い白石、表紙しか見ていないのに熟読してた事にされてるぞ。おまけに巨乳好き疑惑まで。罪だぜ、おねえさん。

白石君がエロ本読んでた!しかも巨乳好き! 衝撃のサンドイッチ・ラリアット


手帳を白石君に返しながら、

『白石君さ、む…胸が大きいのが好きなの?

『は?』

『胸が大きいのが好きなの?』

大切な事なので2回聞きました(勿論、白石君に回答権はありません)。

そんなこんなの小ネタを挟んでクリスマス。

どさくさで白石君のクリスマスの予定を押さえた久保さん。

緊張のあまり30分早く待ち合わせ場所に着いてしまった白石君。

ちゃんと10分前には来た久保さんは、『今来たとこ』と言う白石君の手を取って、

『やっぱり冷たい。どのくらい待ったの?』

『20分くらい』という白石君の返事に満足した久保さんは、先にプレゼントを渡して、なし崩しに「プレゼント交換」イベントを要求。

制限時間15分、予算は1000円、よ~い、スタート。

無茶振りです(笑)。女子の好むものを15分で…高すぎるハードル。あっという間に30分。このままでは今度は待たせている久保さんの手が冷えて…。


お約束ですよねえ、クリスマスに手袋。


今回は海外勢の書き込みが面白かったです。

≪字幕で身長をアメリカナイズしてインチ表記するのはやめてくれ≫

≪Hidive(配信元)よ・・・以前はメートル法を使ってたじゃないか・・・インペリアル法を使うのはやめるんだ!どうしてもインペリアル法を使いたいのなら、せめて括弧で括ってくれ≫

≪”big buwadda”じゃなくて”Nii-nii”のままにしてほしい≫

≪”big bwutha(にいにい)”は酷いローカライズだ≫
※翻訳サイトから転記。


サイトによって微妙に字幕が違うのかもしれません(dailymotionはbwuthaでした)が、日本文化を米国仕様に変換することに対する不満が出ていたのは何か嬉しいですね。

 

 

ランキング投票です。身長差15cm女子に頭を撫でられたい人はワンポチを。

 

 

★本日1月28日は「コピーライターの日

1956年(昭和31年)のこの日、「万国著作権条約」が公布され、著作物にCopyright(著作権)の頭文字「C」を丸で囲んだ記号「©」を付記することが定められたことから、「コピーライト」を「コピーライター」にひっかけて記念日とした…そうです。

コピーライター。かつてこれほど重さの無い横文字肩書があったでしょうか。

新商品とかの宣伝文句ならコピーライターでも構いません。でも、こと映画に関して言えば「惹句師」でしょう。

惹句で紐解く映画史を覗いてみたい方はこちらを。

 

★そして本日はイライジャ・ウッド(1981~)の誕生日(おめでとうございます!)

ビッグネームになった割には作品を選んでいるような、いないような…。

製作に名を連ねて迄作りたかったのか、一言聞いてみたくなるこちらは如何?

 

★本日のTV放送【13:00~BS-TBS

 

これが…女子! トモちゃんは女の子 #4

『なんじゃこりゃああ! 細くて!ふわっふわで!いい匂いで…これが…女子!』

何に目覚めた? 相沢智。

「トモちゃんは女の子/第4話・笑顔の理由|女子っぽく戯れたい|ヒーローはよく転ぶ」(2023年1月25日深夜TOKYO MX放送/安藤健演出)

女子っぽいスキンシップに憧れる智。

母親同士が幼馴染で生まれた時からの付き合いのみすずにハグの要求。

『1回!1回やってみようぜ!痛くしねえからさ!』


『別に良かったんだけど、今のアプローチで嫌になったわ』

代わりに名乗りを上げてきたのがキャロル。


お言葉に甘えてぎゅっ!その抱き心地の良さは異文化交流的衝撃。

『あたし、やっぱ女じゃねえかも』

キャロルは特別製だから、と諭すみすず。キャロルが特別なら他の女子は?

まずは三船、返す刀で小川を辻斬り抱擁。いやそれは罪だぞ智。


その後、キャロルが智に日々突撃スキンシップ。

面白くないのは…みすず。

その表情の変化に気付けたのは「みすずマイスター」智のみ(いや分かんねぇよ普通)。


今回はみすず母の幼馴染の智母・あけみが初登場。

智父・五郎の道場にも通っている淳とは勿論顔なじみ。

『おはよっす、おばさん』


『あ・け・み・さん、だろうが…』

見た目ヒグマの五郎は未だにあけみと顔を合わせると照れて赤面して(触れられたら気絶して)しまう…ってお前どうやって智作ったんだ?

学生の頃からあけみのピンチには真っ先に駆け付けたと言う五郎。


進撃の巨人」かよ!? ってかヤンキーだったんすね、あけみさん。

後半は「不良グループリーダーの3年生に言い寄られて困っている」という小川からの相談を受けた智がお断りの場に同席…しましたが相手の下衆い反応に

『こいつ、何本折っていい?』


ひと蹴り、瞬殺。仕返しに怯える小川らに、

『もしお前らに何かあっても、そん時はあたしが守ってやる。心配すんな』

颯爽とその場を去る智の後ろ姿に降ろせぬフラグが万国旗。


罪だぜ、智。

当然仲間を集めて仕返しをとなりますが、集まった所を通りかかった淳がまとめて畳んで(敢えて畳むところは映さない)。

結局全員で智に土下座する破目に(何を言い渡したんだ淳?)。

何喰わぬ顔で智と下校する淳。その頬には絆創膏。

『で、お前は何で怪我してんだ?』

『転んだ』

『お前って中学の頃からよく転ぶよなあ』

ああ、そういう。騎士だったんですね、昔から。淳一郎は。

今回は脚本が秀逸。1本(3話)の中で登場人物全員にキャラ設定確認の見せ場をつくり、個々のエピが伏線と回収になり…。

みすずの母親と智の母親の幼馴染話から、みすずと智の関係性を挟んで智母登場。両親の馴れ初めに智と淳の現在を重ね、合間に百合ハグ。

見事です。

 

 

ランキング投票です。強い女が好きな方はワンポチを。

 

 

★本日1月27日は「百合」の名称を定着させた「セーラー服百合族」を撮った那須博之監督(1952~2005)の誕生日。

「美少女プロレス 失神10秒前」とかも捨てがたいですが、結局この1本でキャリアの全てが上書きされてしまいましたね。

 

【潜水艦好きは必見】スティール・サンダー【ついでにヴァン・ダム・フィギュアも】

海中を移動する「公式には存在しない」監獄。

投獄されたCIA捜査官ウィーラー(ジャン・クロード・ヴァン・ダム)。

隣の房には自称「知り過ぎた男」マルコ(ドルフ・ラングレン)が。

あからさまにスタ&シュワの「大脱出」のバッタモンですが、役者のネームバリューと言い、話のスケールと言い、このVシネ感は実に「いい感じ」。

「スティール・サンダー」(2017年/パシャ・パトリッキ監督)

まず舞台。スタ&シュワは「巨大タンカー」でしたが、こちらは潜水艦。

退役した海軍の潜水艦を監獄に改造した存在極秘の米国プリズン。

スタはまず自分たちがどこにいるのか、を推理するところから始めていましたが、こちらは最初から潜水艦がどーん。


ヴァン・ダムはCIAの極秘情報流出の犯人を追って潜入捜査をしていましたが、漏洩犯人にされた挙句親分に裏切られて拉致投獄(逮捕時に景気よく街中で銃撃戦。一般人穴だらけ)。

データを収納したメディアは親分の手に渡っていましたが、データを開く鍵はヴァン・ダムが持っている(から殺せない)というご都合設定。完全にマクガフィン

後はもうひたすらドンパチ。

一応、艦のネガティブタンク(潜航の補助をするタンク)を開放して混乱を演出するといった小細工はするのですが、ネガティブタンクって浮上中は満水ですが、全没後は高圧空気で強制排水しちゃう(つまり潜航時はカラな)んじゃなかったっけ。

どれがセーフティタンクのバルブか分からず『昔は赤い導線か青い導線を選んだものだがな』とか言っているヴァン・ダムさんの能天気ぶりが微笑ましい。


ドルフとの2枚看板を売りにしていたようですが、ドルフの出番は後半ちょっとだけ(しかもいつの間にかフェイドアウト)。

最後に美味しい所は持って行きますが、ダブルライダーのような活躍を期待していると肩透かしを喰らいます。

ヴァン・ダムと潜水艦が好きな方向けです。

にしても老けたなあヴァン・ダム。撮影時まだ56、7歳だろ。体は鍛えているんだと思いますが、顔がなあ。美女としっぽりなシーンは無理があるような。


折角なので、ヴァン・ダムのマッチョなフィギュアもご紹介しておきましょう。

まずはプレミアムコレクティブルスタジオ謹製の1/3スタチュー(写真左)。

全高57cm。松濤館流空手の全欧王座という経歴を踏まえての黒帯姿。

税込126,500円。

もうひとつはダイアモンドセレクトトイによる7インチアキションフィギュア(写真右)。

可動部位20か所以上。


並べて見るととても同一人物とは思えません(笑)。

全高18cm。ダメージ&咆哮ヘッドも付いて税込4950円。2023年5月発売予定。

邦題「スティール・サンダー」ですが、原題は「BLACK WATER」。全然関係ないですがライオットの「サンダースティール」は名曲&名盤です。



ドルフ・ラングレンの大暴れが観たかった!という方はこちらを。


★予算潤沢な大作がお好きな方はこちらを。

 

 

ランキング投票です。潜望鏡が好き!という方はワンポチを。

 

 

★そして本日のTV放送は【13:40~テレビ東京午後のロードショー

見事な三段落ちじゃございませんか。

 

もう…仕方ない人ですね。 しょうたいむ !2~歌のお姉さんだってしたい #3【プレミアム版】

三奈美お姉さん、次の仕事は大ホールでの公開収録に決定。

ビッグイベントではありますが、その分、リハもきつくなり、翔二と逢う時間も限られてしまう。

翔二宅で報告兼ねた晩御飯。

キッチンで皿洗いの最中、手が滑ってシンクにポッチャン、水撥ねパッシャン。

いや皿を水面に対して垂直に落としたくらいで、そんなに水撥ねねぇよ、な量の水を景気よく被って胸水浸し下着濡れ透け。

翔二迷わず鷲掴み。

『駄目…ですか?』

『もう…仕方ない人ですね』


もう完全にお話がシチュ作りだけに特化しちゃってますね。

「しょうたいむ!2~歌のお姉さんだってしたい/もう…こんなに濡れちゃいました」(2023年1月22日深夜オンエア版TOKYO MX放送/たりたり演出)

という訳でキッチンプレイ開始、プレミアム版突入。


まあ、相変わらず普通のプレイです。


例え行為がノーマルでも、ここにフェチな視点がひと摘まみでも入れば印象べらぼうに変わるんだけどなあ。

「見える子ちゃん」の視線とか学んでほしい。

ひと仕事終えてエントランス迄お見送り。

もう盗撮してくださいと言わんばかりの脇の甘さ。勿論素顔激写。

にしてもパパラッチさんの下品さ凄いなあ。ちょっと引くレベルで下賤・下劣。

マンガのような記号キャラですが、やっぱり不愉快千万。

このネタこの後もずっと引っ張るんならリタイアしちゃうかも。

さて、今回の三奈美お姉さんのキメ(?)台詞、『もう…仕方ない人ですね』

母性を煮〆た赦しと癒しの満漢全席。

この台詞の使い手と言えば。

神官ちゃん(@ゴブリンスレイヤー

『本当、仕方のない人ですね』


最近だと椎名真昼(@お隣の天使様に知らないうちに駄目人間にされていた件)

『仕方ない人ですね』


神官ちゃんと天使様。どちらも「神に仕える」身。慈愛のこもった一言です。

★ご参考

 

 

ランキング投票です。パパラッチうぜぇ~と思っている方はワンポチを。

 

 

★本日1月25日はトビー・フーパー監督(1943~2017)の誕生日。

当たっても外しても奏でられるフーパー節は最早フーパーというひとつのジャンル。

今回は個人的大当たりなこの2本立てで。

 

異国で出会った捨て石ふたつ。 追跡者 SHOT GUN

『こっち側から観る景色と、向こう側から観る景色とはまるで違う。見えなかったものまで見えてくる。お前はどっち側で観てるんだ?』

暗殺者とターゲット。異国で出会った捨て石ふたつ。

「追跡者 SHOT GUN」(2012年/室賀厚監督)

ソウルでの覚醒剤取引で逮捕された黒木組組長・黒木(小沢仁志)。

収監2年。保釈申請は却下。次の申請は1年後だが、この2年の間に大黒柱を失った組はガタガタ。1年後には存在すら怪しい状況。

そんな黒木にソウル警察のチャン警部から持ち掛けられた怪しい取引。

今すぐ釈放してやる。その代わりに捜査に協力しろ。ヘサン組の幹部・梶(白竜)についてだ。

『この国の警察はヤクザひとり掴まえられないのか』

『逮捕が目的ではない。抹殺してほしいんだ』

梶はヘサン組を内定していた潜入捜査官を何人も殺しているらしい。

『ヤクザを殺すにはヤクザを雇うに限る』

倫理的にあり得ない申し出ですが、警察には梶に生きていてもらっては困る別の事情がありました。

不承不承、条件を飲んだ黒木ですが、出所早々豪遊。支払いを見張りの刑事に押し付けた挙句、ぶち転がして金と拳銃奪って出奔(♪ヤクザを信じちゃいけないよ)。

とは言えバックレる気はなく、自分のやり方で約束は守る。仁義の男です黒木。

まずは韓国のカジノ利権でブイブイ言わせている兄弟分(哀川翔)を呼び出して状況把握。


哀川翔、後半でも大活躍。滅茶儲け役のゲスト出演です。

ヘサン組の覚醒剤は日本の武田組へ。量が多くて捌ききれない武田組は敵対する北斗会のシマにまで販売網を広げて一触即発状態…らしい。

次に貸しのある昔の仲間を仲介にしてヘサン組に接近。

ヘサン組の事務所には北斗会の幹部・鮫島(中野英雄)が東京からクレームをつけにきておりましたが、梶に相手にされずに追い返されるところでした。

この時は梶との面会は叶いませんでしたが、何と梶は黒木が泊っているホテルを訪問。

梶は黒木がチャン警部の密命を受けた暗殺者だと見抜いておりましたが、何故か殺さずその場を去り…。

日本では頭に血が上った鮫島が日本のヘサン組組員を弾いてしまい…。

カタをつけるため梶は単身日本へ。勿論、後を追って黒木も帰国。

背景に組同士の抗争はあるものの、主題は追う者・追われる者の間に生まれる「互いに捨て石」というシンパシー。

ちょっと「ヒート」におけるアル・パチーノロバート・デ・ニーロを彷彿とさせる関係性です(すみません、褒め過ぎました)。

室賀監督と言えば銃撃戦。場面数は少ないものの景気よくぶちかましてくれました。

梶の単身殴り込みは「男たちの挽歌」テイスト。


クライマックスで黒木は突然UZIみたいな奴出して弾丸撒き散らしていましたが、弱小組織にUZIはないだろ、普通。


こうして見るとハンドガンと短機関銃でちゃんとマズルフラッシュの形状が違っているんですねえ(いつもながら良い仕事しています、浅生マサヒロさん)。

最近のVシネは手当たり次第にシリーズ化の傾向ですが、こういう「1話完結もの」の方が私は好みです。

 

 

ランキング投票です。俺は捨て石じゃねぇぜ!という方はワンポチを。

 

 

★本日1月24日は格闘家・前田日明(1959~)の誕生日(おめでとうございます!)

名勝負も多いが事件(問題発言含む)も多い。筆頭は「対アンドレ戦」「対長州無法キック」とかですが、今回は第1次UWF時代の対藤原戦と、ヤバさてんこ盛りの副読本、そして、若き日の前田(と赤井英和)をモデルにしたアナーキーな青春映画を。