デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

【推しとアニメと】恋と呼ぶには気持ち悪い ♯4-6【男と女】

f:id:zombieito:20210506145117j:plain

年齢問わず男女の距離を一気に詰める魔法の小道具、それはアニメ。

全年齢対象「恋のキューピット」です。

「恋と呼ぶには気持ち悪い/第4話・聖なる夜に|第5話・聖地巡礼|第6話・片思いって」(2021年4月26日、5月3日、10日TOKYO MX放送/中山奈緒美監督)

折り返し前にクリスマスと修学旅行という2大イベント消化(ついでに球技大会も)。

クリスマスは(これまでの自己満プレゼントを封印して)「一花さんが喜ぶものを」贈りたいと考える亮。

風邪をひいた時のお見舞いと手作り数学参考書(結果、試験高得点)のお礼を渡したいと考える一花。

悩んだ末の相談相手はどっちも理緒。

一花は理緒のアドバイスでタイピンを、亮は理緒からの情報提供でアニメ「フォアワード・ワールド」の初回限定Blu-ray(一花の推しキャラ、トウホウの店舗特典アクキー付き)を。

f:id:zombieito:20210506145317j:plain


初めてプレゼントと呼べるものを贈りあった二人。全ては影の協力者、理緒のおかげ。

理緒へのプレゼントを買った亮と一花は理緒宅にとって返し、3人でクリスマスパーティを。

理緒の好物は大相撲(理想の彼氏タイプは力士)。

f:id:zombieito:20210506145259j:plain


冗談だと思っていたら熱心に相撲グッズの検索とかしているガチ勢でした(当然、プレゼントは…)。

何と言うか「行き違いのない賢者の贈り物」って感じで、実にほっこりするお話でした。

f:id:zombieito:20210506145407j:plain
タイトル写真ボツ案

で、修学旅行。行先は沖縄。

沖縄と言えばジンベイザメ(写真下は「妹さえいればいい」)。

f:id:zombieito:20210506145540j:plain


一花に想いを寄せている(しかし一花の心が亮に傾いている事も知っている)同級生・多丸。偶然、水族館を一緒に回って(互いに仲間とはぐれた)一気に距離を詰めた多丸は自由行動を一花と過ごすべくアプローチ。

口実は沖縄も舞台となった「劇場版フォアワード・ワールド」の聖地巡礼

一本釣りです(チョロイなー、一花)。

一方、亮。社内で同期入社の同僚・松島有枝(まつしまありえ。友人呼称アリエッティ)と社内廊下でごっつんこ。アリエッティのポーチから飛び出したのは「フォアワード・ワールド」トウホウのアクキー。

隠れオタクアリエッティは大動揺。よりによってオタクに偏見持っていそうな天草に見つかるとは…。

f:id:zombieito:20210506145827j:plain


が、しかし…

『これ、「フォアワード・ワールド」のトウホウだよな』

意外過ぎる反応。これは例えるなら、ZOMBIEと書かれたイラストTシャツを着ていたら『あーそれBlue Underground版サンゲリアですよね』と言われるのと同じくらいレアな発言(え、違う?)。

『…知ってるの!?』

『ああ、トウホウはアニメの8話かっこ良かったよな』

『8話でしょ!メッチャ分かる!』

一本釣りです(チョロイなーアリエッティ)。

アニオタである事は口外禁止で、と頼むアリエッティ

『了解。またアニメの話がしたくなったら声掛けてよ。好きな事我慢するの辛いと思うし』

亮にしてみればアニメの情報ソース確保(勿論一花対策)のつもりでしたが、アリエッティにしてみればズキューン!な一言。

アリエッティの中の人が「五等分の花嫁」の一花で、セリフ回しもまんま一花。両手に一花だな、亮。

修学旅行のお土産を渡すために待ち合わせた一花と亮。待ち合わせ場所を映画館前にして、そのまま映画館デートに雪崩れ込もうとする亮のあざとすぎる下心に帰ろうとする一花ですが、その腕を亮に掴まれ、瞬間、沖縄で多丸に腕を掴まれた感触とつい比べてしまい、自己嫌悪に陥る一花。

f:id:zombieito:20210506145723j:plain

『わたし、何比べてるの…なにこれ最低だ…』


亮は亮で沖縄での多丸と一花の行動が気になって仕方がない。

『二人に何かあったのかもって…ビビってるのか、俺? ダサいな…』

亮さんが見たい映画を、と一花に言われて亮が選んだのはリメイク版「カサブランカ」(架空の映画)。

f:id:zombieito:20210506150331j:plain

こういう気分の時に観てはいけない映画ですね。


高校では球技大会、会社では同期飲み。気持ちを伝える決意をした多丸と一歩踏み出す決意をしたアリエッティ

役者が揃ったところで前半戦終了。さて、後半戦は…。

 

 

f:id:zombieito:20210410014824g:plainランキング投票です。よろしければワンポチを。

 

---------------------------------------------------------------------- 

★本日5月11日は夏八木勲(1939~2013)の命日(合掌!)

夏八木さんと言えば何はなくともこの1本(ホント役得)。

そしてちょっと珍しい文芸やくざものを。

…やっぱりこれも外せない。


香取慎吾、生かすも殺すも監督次第。 凪待ち

f:id:zombieito:20210418173823j:plain

あがいても、あがいても。

うまく行かない。

運がないから。巡り合わせが悪いから。

何より自分がクズだから。

ツキに見放された破滅のループに自ら嵌りに行く男。香取慎吾は、そんな人間のイメージから最も遠い所にいる男…だったはずですが。

「凪待ち」(2018年/白石和彌監督)

ポスターにつけられたキャッチは「誰が殺したのか? なぜ殺したのか?」

このキャッチ考えた人は降格&減俸。

そんな推理ミステリーの要素どこにもありません。

舞台は宮城。背景にあるのは津波

妻を助けられなかった事を今尚悔やみ続け、ステージ4の癌を抱えながら治療を拒み、海に出続けている老漁師(吉澤健)。

その娘(西田尚美)は夫のDVに苦しみ、離婚し故郷を捨て川崎に移り住んだものの「放射能がうつる」と差別され、子供は不登校に。

結局、リターンto故郷。

ついて来た内縁の夫(香取慎吾)は、ギャンブル依存症(競輪大好き)。

職場でいじめに遭っていた同僚(やはりギャンブル依存症サラ金焦げ焦げ)を庇ったため、人間関係がもつれて同僚共々退職の憂き目に。

f:id:zombieito:20210418174141j:plain


ひとつ歯車が狂うと何もかもが崩れていく…それは都会も田舎も同じ事。

香取くんが駄目スパイラルに嵌っていく短気で寡黙なやさぐれ男をいい感じに演じています(香取慎吾が目の演技をしようとは!)。

ガタイの大きさも存在の説得力に一役。

f:id:zombieito:20210418174239j:plain


やっぱり役者は監督次第なんですねえ。特に伸びしろのある人は簡単に化けます。

香取くん、悪い事は言わない。一刻も早く三谷幸喜と縁を切れ。でないと、一生を三流馬鹿タレントとして棒に振る事になるぞ。

f:id:zombieito:20210418174407j:plain


不運と絶望と破滅願望を煮〆ても、最後に希望は残る。白石和彌という監督さん、日本映画を背負う逸材かもしれません。

仮面ライダーBlack」リブートも期待しております。


★ご参考…香取くん監督選び失敗例。

 

★白石監督の他作品はこちら。

 

 

f:id:zombieito:20210410014824g:plainランキング投票です。よろしければワンポチを。



----------------------------------------------------------------------

★本日5月10日は高橋伴明監督(1949~)の誕生日(おめでとうございます!)

本日は一般映画とピンク映画を1本ずつ。

ここまで売り方を間違えた作品も珍しい。 トーク・トゥ・ザ・デッド

f:id:zombieito:20210425134903j:plain

鶴田法男という監督さんとは相性の当たり外れが激しく、「恐怖新聞」を映像化した「予言」はいい感じでしたが、アメリカにお呼ばれしてまで撮った「マスターズ・オブ・ホラー」のひとつ「ドリーム・クルーズ」は(私にとっては)残念無念な出来でした。

本作はドラマとしての出来は悪くないのに作品以外の部分が、ちょっと監督が気の毒になってしまうレベルで駄目駄目という困った子でした。

トーク・トゥ・ザ・デッド
(2013年/鶴田法男監督)

 

鬼母に見捨てられ、多額の借金を背負わされた挙句、唯一の肉親(父違いの弟・聡)を自らの不注意(と本人は思っていますが、まあ不運の範疇)で亡くしてしまった姉・百合。

職場仲間に「死者と話せるアプリ」の存在を教えられ、半信半疑で試してみますが…。

ジャンルをひとつ選ばなければならないとしたら「ホラー」になりますが、軸足は人間ドラマ。いささか大げさな言い方をさせていただければ群像劇といっていい仕上がり。

「~オブ・ザ・デッド」シリーズを思わせるタイトルですがゾンビものではありません。

紅い地面(海?)から顔を出す幽霊メイクの聡というメインビジュアル(ジャケ写等)は、内容とびた一文リンクしておりません。

f:id:zombieito:20210425135126j:plain

左が国内版ジャケ、中央と右が輸入盤ジャケ。まだ海外の方がマトモ。


驚いたのは販売元が、この聡を、呪怨』の俊雄、『クロユリ団地』のミノルに続く、新たな‟ホラー・チャイルド"「サトシ」として売り出そうとしていた事。

いやいやいや、全然そんなキャラじゃないから。

「恐怖は誘(いざな)われる」というキャッチも(言いたいことは分からなくもないですが)響かず刺さらず宛先不明。

「騙してでも売りたい」は販売側の偽らざる心情だとは思いますが、この打ち出しでは、真っ当な仕事をしている役者陣がちと不憫。

タイトルは「死びとの恋わずらい」的な和文の方が良かったと思います(海外向けに「Talk to the dead」というサブタイを入れるのはアリ)。

あと折角、メインヒロインにセーラーヴィーナス小松彩夏)、サブヒロインに平成ゴジラの小美人(大塚千弘)、男優陣に仮面ライダードレイク加藤和樹)&仮面ライダー龍騎(須田貴匡)のダブルライダー、ゲストに特撮アイコンの嶋田久作という《映える》役者を揃えているのだから、この人たちをポスターに使わない手はないと思うのですが。

f:id:zombieito:20210425135425j:plain


一体誰の指示・発案だったのか(プロデューサーの一瀬隆重か、制作のダブルフィールドか、販売のオデッサ・エンタテインメントか)分かりませんが、売る気を疑うタイトルとビジュアルとコピーでした。

 

★死んだ家族に会いたい!【洋画編】

★死んだ家族に会いたい!【邦画編】 

★最後に鶴田監督残念作を…。

 

 

f:id:zombieito:20210410014824g:plainランキング投票です。よろしければワンポチを。

 


----------------------------------------------------------------------

★本日5月9日はキャンディス・バーゲン(1946~)の誕生日(おめでとうございます!) 
代表作と言うと「ソルジャーブルー」「風とライオン」辺りかと思いますが、本日はこれを。

この人、「新・おしゃれ泥棒」とか「続ある愛の詩」とかちょっと割り喰ったタイトルも多いんだよなぁ…。

【ゼロ距離射撃は】ゴジラ S.P≪シンギュラポイント≫ ♯6【男のロマン】

f:id:zombieito:20210507110614j:plain


『球筋が読めるらしいが…こんだけ近けりゃ避けられねぇだろおぉ!』

f:id:zombieito:20210507111032j:plain

弾道を予測(未来予知か直接未来感知か)して弾丸を跳弾させるアンギラスに対して一気に距離を詰めるおやっさんinジェットジャガー

おっと、こいつは…

f:id:zombieito:20210507111101j:plain

『ゼロ距離ならば!』


いや、その前にこれがあった。

f:id:zombieito:20210507111150j:plain

『この距離ならバリアは張れないな!』


そう、ゼロ距離射撃は男のロマン

ゴジラ S.P≪シンギュラポイント≫/第6話・りろんなきすうじ」(2021年5月6日BS11放送/筑紫大介、鈴木拓磨、宮原秀二演出)

マンハッタン島にラドンの大群襲来。ギャオスよりもゾイガーよりも多い、半端無い数のラドンが街を紅塵で染め上げて…。

f:id:zombieito:20210507111252j:plain

こりゃもうこの世の終わりですね。


前回、口上決めてアンギラスの前に立ちふさがった大滝のおやっさんinジェットジャガーですが、アンギラスにじゃれるように弄ばれて第1ラウンド敗退。

f:id:zombieito:20210507111322j:plain

何かマイケルに弄ばれるハエを思い出してしまいました。


が、爺さん仲間が持ち込んだ捕鯨砲を抱え上げてリマッチ。ゼロ距離射撃で倒した…かに見えましたが…(第2ラウンド暫定勝利)。

一方、東京湾でマンダの群れを追っている海上自衛隊護衛艦艦隊(海外のサイトで「艦艇はDDG-174「JSきりしま」、DD-116「JSてるづき」、DD-119「JSあさひ」の3隻」とか即座に書き込んでいる人がいましたが、何なんだよお前ら)。

そのマンダの群れを後方追尾する巨大な影。

『新たな目標!左艦首距離100 深さ100から急速に浮上中!速度80ノット!』

伊福部サウンドと共に海上に姿を現したのは、護衛艦の全長を余裕で上回る巨大海中生物。

掲示板でゴジラアクアティウス」とか書かれていて「既存怪獣じゃないのに何でもう名前がついてんだよ!?」と思ったら、バンダイが一足早くソフビとして発売していやがりました(4月17日発売。税込み2,200円)。

f:id:zombieito:20210507111445j:plain


まだゴジラというよりは「グエムル」とか「廃棄物13号」に近いイメージですね。

お話戻ってアンギラス

仕留めたと思ったのも束の間、華麗に復活して再度侵攻。捕鯨砲最後の一発を抱えて突っ込むおやっさんinジェットジャガーでしたが、頭吹っ飛び後輪大破(おやっさん気絶して第3ラウンド敗退)。

ユンとAIユングが操縦継承。

頭部・後輪をパージ、オートジャイロを補正して二輪走行に修正、背中に張り付いたユン自身が視覚となって第4ラウンド開始。

f:id:zombieito:20210507111527j:plain

ここの展開、結構熱い…。


最後の1発で頭部ゼロ距離を狙うユン。果たして勝敗は…。

※ゼロ距離射撃の正しい意味は「砲兵の前、あるいは極近い距離に敵が現れたら、弾が炸裂する”距離”を”ゼロ)”にセットして、弾子(現在で言うところの破片弾・弾の中にある大量の小粒の鉄球)をすぐ相手に当てる”射撃”」を言うらしく、銃口を相手に押し当てての射撃は「接射」と言うのが正しい…らしいのですが、「接射」だとファンタジー成分(もしくはロマン成分)がはなはだしく欠損してしまうので、ここは誤用を承知で「ゼロ距離射撃」としたいのですが、どうでしょう?

また、海の向こうでは神野銘(カミノ・メイ)が、葦原カスケードのメカニズム(高次元の時空間のねじれを3次元構造でひねって結ぶ)を解き明かすという快挙を成し遂げましたがどう凄いのか全く分からないので、もちっとお話に絡んで来るのを待つとしましょう。

おまけ

全然関係ないですが、今週のゾンビランドサガ リベンジ」第5話で巽がゆゆ式ゆずこリスペクトな滑り芸を披露していたので一緒に挙げておきます。

f:id:zombieito:20210507111624j:plain



f:id:zombieito:20210410014824g:plainランキング投票です。よろしければワンポチを。

 


--------------------------------------------------------------------

★本日5月8日は劇作家・小池一夫先生(1936~2019)の誕生日。

本業以外でも「マジンガーZ」作詞(♪空にそびえる くろがねの城~)、「グレート・マジンガー」作詞(♪おれは涙を流さない ダダッダー!ロボットだから マシーンだから ダダッダー)など熱い血の滾る箴言を刻んでくれています。

今日は小池先生が原作・原案・脚本等で絡んでいるものを幾つかご紹介。

記念すべきシリーズ第1作


今の時流で映像化は多分無理。


そして小池先生もので1本選ぶなら


あと、ここに混ぜるのはとんでもなく抵抗がありますが…


★本日のTV放送❶【19:00~BS日テレ/土曜7時の洋画館】

 ★本日のTV放送❷【27:15~テレビ東京/サタ☆シネ】

 

【フェリーが止まれば命が尽きる】アイランド・ゼロ【見捨てられたド田舎の孤島】

f:id:zombieito:20210404193905j:plain

ここはアメリカ、メイン州

メイン州ってどこだ!?」という方はこちら↓参照。


見ての通りどん詰まりです。本土側ですらそうなのに、舞台はここから60km離れた孤島。

物資運搬船が止まれば、食も燃料も命も尽きる最果ての町。

何も無くても人生終了オープンリーチなこの島に、食欲旺盛な新種の生物が団体さんでこんにちは。

「アイランド・ゼロ」
(2018年/ジョシュ・ジェリッツェン監督)

 

最近魚が獲れねえなあ。網にかかるのはせいぜいクラゲ。今、冬だぜ。

臨時で駆り出された女医、新作の取材で島を訪れていた小説家、あまりに何もない島の暮らしに飽き飽きして本土に戻る決意をした人妻。

クリスマス前に島を出ようと本土行きのフェリー乗り場に集まる人々。

しかし待てど暮らせどフェリーは来ない。翌日も、その翌日も。

確認のために漁船で本土に向かった漁師はそのまま帰らず。

電気途絶え、電話通じず、ネットワークも繋がらない。

このままでは食が尽きる。燃料が尽きる。待っているのは酷寒と闇。

海の中に何かがいる。なら陸地は安全かと言うと、ご自宅で白骨化している奥様が。

f:id:zombieito:20210404194341j:plain

ごちそうさまでした。


撮影で使用した家具やら服やらはメイン州周辺のリサイクルショップ(グッドウィル)で調達したそうです。

つまりそれくらいのバジェットしかないウルトラB級映画

この予算枠で「物体X」で「プレデター」で「クトゥルフ」な物語を紡ごうってんだから、大概通り越して天晴れと言うほかありません。

※後から気がつきましたが、キャッチコピーは「Every THING needs to eat」でした。

金の掛からない部分はそれなりに工夫の跡が。

元軍人の女医さん、亡き妻が残した「新種の生物による漁村崩壊の仮説」を立証しようとしている海洋研究科などキャラ立ちはまずまず。

新種の大喰いさんは、天然の光学迷彩を纏っているため肉眼補足はできず、サーモグラフィー内臓カメラを通さないとどこにいるか分からない、という設定はサスペンスの醸成とCG/着ぐるみ製作費の節約(ほぼゼロ)を同時に実現するナイスアイデア

f:id:zombieito:20210404194513j:plain


効果的に機能しているのかと聞かれれば「う~む」ではありますが…。

ゴアもスプラッターも控えめ(だってお金ないし…)ですが、見えない触手に絡めとられて腰から下が生き別れとか瞬間最大風速の見せ場はあります。

f:id:zombieito:20210404194557j:plain


一応それなりに捻ったオチも用意されているので、妙な期待をしなければ、「籠城もの」の変形としてそこそこ楽しめると思います。

日本未公開。国内版ソフト未発売。アマゾンプライムで独占配信中。

★孤島で海から団体客と言えばこんなものも…。

 

 

f:id:zombieito:20210217221929g:plainランキング投票です。よろしければワンポチを。

 


--------------------------------------------------------------------

★本日5月7日は《食人監督》ルッジェロ・デオダート(1939~)の誕生日(おめでとうございます!)。

ただのゲテモノ映画では括り切れない食人映画を2本立てで。