デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

#SF・ファンタジー

【ひぐらし×Re:ゼロ?】一分間タイムマシン【ついでに無限ループ選手権】

僅か5分50秒。SF的状況は設定だけで突破できるというお手本です。 「一分間タイムマシン」(2014年/Devon Avery監督) とある公園のベンチ。ひとり座っている女性(エリン・ヘイズ)の前にひとりの男性(ブライアン・ディーツェン)。『隣、座っていい?』…

【角砂糖じゃなかったのか!?】フロンティア【時をかけるヤッピー】

『愛は弱さでしかない』 『愛を知らないのね』 若くして成功を収めた青年実業家(チンピラとも言う。昔で言うヤッピー)ミハイル(☜世渡り上手なだけで大した苦労はしていない。ただ、ちょっと逆らえない人から金を借りているというリスクは負っている)。彼…

どう見ても壊しすぎ&殺しすぎ。 マン・オブ・スティール

『ゾッドは信頼できない。 問題は…地球人も信頼できないことです』 Zod can't be trusted. The problem is, I'm not sure the people of Earth can be either.人は理解できないものを本能的に恐れます。 異能の力を抱えた宇宙人の苦悩。 「マン・オブ・ステ…

6月24日はUFOの日。私的空飛ぶ円盤BEST5

本日6月24日は「UFOの日/空飛ぶ円盤記念日」です。1947年(昭和22年)のこの日、アメリカの実業家ケネス・アーノルドが自家用機で飛行中にコーヒー皿のような謎の飛行物体を目撃しました。目撃例第1号記念日という訳です。UFOはSF映画の華。そのデザイン1発…

マッチポンプ電波。 アップグレード

仕組まれた事故と襲撃で妻と全身の感覚を失ったグレイ。生涯車椅子の定めを捻じ曲げたのは1枚のチップ。それはAI。名はSTEM。STEMの肉体制御によって再び動くことが可能になったグレイ。想定外だったのはSTEMが自我を持っていた事。 「アップグレード」 (20…

黒歴史…じゃなかったんだ。29年ぶり「ビルとテッド」シリーズ最新作-Bill & Ted Face the Music-の予告編公開

17年ぶり、まさかの「マトリックス4(仮題)」にネオ役で復帰(相方は勿論トリニティ、キャリー・アン・モス)することになったキアヌ・リーヴス。17年間で最も劇的な変化はラリー&アンディのウォシャウスキー兄弟がラナ&リリーのウォシャウスキー姉妹にな…

今日もロズウェルは大盛況。 エンカウンター 地球外侵略者(そして今夜ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q)

聖地で巡礼者に模倣犯的トラップ仕掛けて喜んでいたら本家が出てきて大騒ぎ…というのはホラーでは常套句。惨劇ゆかりの地に人を集めてあれこれ演出し、金儲けや復讐を企んでいたら、いないはずのご本人が登場して本当の惨劇になる、というアレです。「ハロウ…

バッドエンドなのに何故か爽やか。残酷で異常

バッドエンド(少なくともベストエンディングではない)なのに何故か爽やか。妻殺しのループに嵌った男の脱出口は…。 「残酷で異常」(2014年/メルリン・デルヴィセヴィッチ監督) 原題は「CRUEL & UNUSUAL」で邦題は直訳。妻とひと悶着あったエドガー。気…

出涸らしも淹れ方次第。 グラビティ 繰り返される宇宙

音信途絶の調査船を見つけて乗り込んだらエライこっちゃになっていた…。 というテーマ自体「何度目のループだよ」ではあるのですが…。 「グラビティ 繰り返される宇宙」 (2018年/イーライ・サシッチ監督) 管轄ギリギリの領域“デッドゾーン”で長距離調査船…

SF映画の基準って…。 映画好きが高評価するSF映画10選。

WebマガジンFILMAGAが映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいて「映画好きが高評価するSF映画おすすめ10本」を紹介しました。ずらっと並べると「インターステラー」「メッセージ」「ガタカ」「オデッセイ」「ブレードランナー…

お題は「ゴジラ以外」。 巨大怪獣映画ベスト11

COLLIDERというサイトが「ゴジラを除く怪獣映画11本(11 Great GiantMonster Movies That Aren’t ‘Godzilla’)」なんてものを選定していました。 アップしたのは2018年4月13日なので、ちょいと古めのランキングですが、11本という中半端さも含めて面白いライ…

概念を簒奪する…。散歩する侵略者

“愛はしばしば、奇蹟を生む”―こんなフレーズ使ってブッ飛ばされないのは文壇広しと言えど平井和正ただ独りでしょう。 平井和正氏がお亡くなりになった時の追悼記事の一節ですが、もう一人追加することになりそうです。 その人は黒沢清。 「散歩する侵略者」…

電気羊の夢を見そうになった。 ブレードランナー2049

Gota name?(名前はあるのか?) Officer KD6-3...(捜査官KD6-3…) That's not a name. It's a serial number.(そいつは名前じゃない。製造番号だ) Allright. *Joe*(分かったよ…ジョーだ) 前作から35年(映画内時間経過は30年)、作るべきだったのか、…

アイアン・アドルフ。 ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース

トンデモ映画の切り札・ナチス。戦中に於いては改造人間を量産し、戦後は月の裏側に秘密基地を建造し、死して尚ノルウェーの山中で反撃の機会を窺う創意と工夫と意志の塊。その想いは地球の内部にも脈々と…。 「ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース」 …

俺たちはプログラムじゃない。 月に囚われた男

月面鉱物採掘基地サラン。作業員1名。サム・ベル(サム・ロックウェル)。契約期間3年。 通信機器の故障により地球との直接交信は不能。木星経由のビデオレターが届くだけ。話し相手は自分。そしてお世話係コンピュータ、ガーティ。 スマイルマークが感情表…

御慶! スペース・トラッカー

“♪ 俺達金星では幸運だった 火星じゃ毎晩パーティーさ 愉快な奴らと出会って 天の川も揺り動かした 俺達風の神と一緒に踊る 宇宙のトラック野郎 おいで! おいで! おいで! 宇宙のトラック野郎” 「宇宙のトラック野郎」by王様(原曲は「SPACE TRUCKIN’」by …

イタリアが作ってコーマンが買う。 スタークラッシュ

宇宙空間を映し出すスクリーン。その上方から巨大な宇宙戦艦がゴゴゴゴゴ…とフレームイン…したと思ったら、あっという間に最後尾のエンジンノズルが…って短過ぎるだろ! 真似るならちゃんと真似ようよ(笑)。 「スタークラッシュ」 (1978年/ルイス・コー…

私はまだ存在する! 縮みゆく人間

人間が縮んでいく。タイトル通りの内容ですが、本作のキモはそのアイデアではありません。勿論、その原因(放射能だの殺虫剤だの)でもありません。 普通思いつくオチはふたつ。元に戻るハッピーエンドか、主人公の死によって幕を閉じるバッドエンドです。 …

人間だけが乗れなかったノアの方舟。 サイレント・ランニング

漆黒の闇の中を漂う巨大なドーム。納めたるは緑の記憶。地球では生存する事ができない自然を封じ込めたノアの方舟。そこに人の姿はありません。お世話をしているのは1体のドローン(ロボット)。主人である人間の出した最後の命令『自然を守れ』だけを忠実に…

何故ノーランとは相性が悪いのだろう? インターステラー

『人類はこの星で誕生したが、ここで死ぬ必要はないだろ』 (Mankind was born on Earth. It was never meant to die here.) インド、アメリカから空軍がなくなって10年の近未来。絶滅オープンリーチの人類を救うため第二の地球を見つけるプロジェクト“ラザ…

鶏と卵が紡ぐメビウスの環。 プリデスティネーション

『もし、お前の人生を壊した奴を目の前に連れてきたら、そして、その行為についてお咎め無しだとしたら…そいつを殺すか?』(What if I could put him in front of you? The man that ruined your life. If I could guarantee that you'd get away with it, …

コーマン痛恨の人選ミス。 宇宙の7人

「おじさんは悪い人なの?」「…そうだ」「どうして?」「私は君たちと考え方が違う。考え方の違う者は“悪”と呼ばれるんだ」「子供の頃から悪かったの?」「昔から大人だったんだ」ロジャー・コーマンが「スターウォーズ」の大ヒットを見て製作したスペースオ…

出口無き未来を彷徨う…。 デストピアな映画たち。

米サイトTaste of Cinemaが、「観る価値のあるデストピア映画の傑作20本」を発表しました。 一応、デストピアの冠掲げる偏差値貧乏サイトとしては見過ごすわけにはいきません。 上位10本を並べると… 「ブレードランナー」「メトロポリス(1926)」「AKIRA」「…

インスタント神様。LUCY/ルーシー

宇宙の理を書き換え、時間を、空間を超越する存在を何と呼ぶか、と言えばやはり『神』でしょう。 これが違う監督の作品だったら、“これはキューブリックとは異なるアプローチで神への道を探ろうとした野心作なのではあるまいか”とか思ったかもしれませんが、…

還って来た。地獄から。 イベント・ホライゾン

地獄巡り観光船が7年のクルーズを終えて還って来た…。 “SF/ホラー”の闇鍋、といった風情ですが、コアになっているのは「惑星ソラリス」と「ヘルレイザー」。 水と油の二本を繋げる潤滑材は“爆発”と“爆発”。あと“爆発”かな。 「イベント・ホライゾン」 (19…

黒く硬くそそり立つ。 モノリスの怪物~宇宙からの脅威

50年代SF映画と言えば、巨大生物大暴れか異星人大侵略が定番ですが、無機質な自然現象に英知を以て立ち向かう異色作がありました。 黒くて硬くてそそり立つ、そいつの名前は、 「モノリスの怪物~宇宙からの脅威」 (1957年/ジャン・シャーウッド監督…

追悼:リチャード・マシスン。 ある日どこかで

作家リチャード・マシスンがお亡くなりになりました。6月23日(現地時間)。カリフォルニアの自宅で。87歳。自然死。「トワイライト・ゾーン」をはじめ原作・脚本数知れず。「激突!」「縮みゆく人間」「地球最後の男」「ヘルハウス」「運命のボタン」「リア…

賛歌(アンセム)。 リアル・スティール

人間同士の格闘が禁止され、ロボットがこれを代替する近未来。 ボクサーとしての居場所を失い、父親という現実から逃げ、ドサ周りのロボット・ボクシングで糊口を凌ぐも結局は借金まみれでトンヅラ暮らし。 絵に描いたような駄目男にやってきたプライド復権…

星条旗よ永遠なれ! アイアン・スカイ

『私は今、戦時下の大統領。一期目で戦争を始めた大統領は必ず再選されるのよ! どこで(戦争を)始めようかと思ったけど…で、こいつら誰?』 『ナチです。…月から来た』 『本物? 凄い! 正に願ったり叶ったりね。アメリカがこれまでまともに倒せたのってナ…

狂気山脈を阻むもの。 プロメテウス

なるほど…。 デル・トロ監督が「プロメテウスが狂気山脈の製作を阻むだろう(PROMETHEUS Has Probably Nixed AT THE MOUNTAINS OF MADNESS)」(NixedではなくKilledと表記しているサイトもある)と言ったのはこういう事だったのか。 確かにネタ丸被りです。…