デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

俺たちはプログラムじゃない。 月に囚われた男

イメージ 1

 

月面鉱物採掘基地サラン。作業員1名。サム・ベル(サム・ロックウェル)。契約期間3年。

 

通信機器の故障により地球との直接交信は不能木星経由のビデオレターが届くだけ。話し相手は自分。そしてお世話係コンピュータ、ガーティ。


イメージ 2
スマイルマークが感情表現のガーティ。声はケヴィン・スペイシー
 

鉱物資源ヘリウム3を採取して地球に送る。プログラムされた退屈な日々。

 

だがそれももうすぐ終わる。あと2週間で3年の契約期間満了。地球には妻テスと娘イヴが待っている。


イメージ 3

 

と、ここまでの設定だけですれっからしSFファンはあれこれ深読みをすることでしょう。実はもう地球は○○してるんじゃないかとか、全ては主人公の○○なんじゃないか、とか。

 

そこかしこにSF映画のオマージュやらリスペクトやらが散りばめられています。

 

2001年宇宙の旅」「惑星ソラリス」「ソイレント・グリーン」「サイレント・ランニング」「アウトランド」etc.

 

どれだけ引用しても嫌味にならないのはサム・ロックウェルの演技と手作り感覚溢れる“特撮”と作り手の誠実な姿勢の賜物。


イメージ 4
六輪駆動の月面作業者。グッとくるデザインです。
 

監督はデヴィッド・ボウイのご子息だそうで。方向は違えど継承される才。

 

『俺たちはプログラムじゃない。人間だ!』

 

ネタが分かった後の二順目は切なさ2割増。SFミステリーの良作だと思います。

 

月に囚われた男
2009年/ダンカン・ジョーンズ監督)


イメージ 5
唯一、難点を挙げるなら、ハングルの混入でしょうか。

イメージ 6←ランキング投票です。よろしければワンポチを。