デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

#オカルト・ホラー

【婆ぁパンチは破壊力】悪魔のビンゴカード【爺ぃキックは岩砕く】

BINGO HALLのネオンサイン。AがEに代わってBINGO HELLに。おっとこれってMOTEL HELLOのOが消えてMOTEL HELLになる「地獄のモーテル」リスペクトですか。 この安い感じ。良い掴みです。 「悪魔のビンゴカード」(2021年/ジジ・サウル・ゲレーロ監督) 田舎町…

【よくぞ集めたオールスター】ザ・プリズン・ブレイク 大脱獄【見どころはロシア睡眠実験】

いやそれにしてもよく集めたものです。ホラー版エクスペンタブルズと呼ばれるだけのことはあります。メインからモブにチョイ役エキストラに至るまで履歴に誇れる「何か」がある人総登場。ざっと見渡しただけでも、ガンナー・ハンセン(初代レザーフェイス。…

まだ続けるのか!? 「スクリーム」シリーズ最新作SCREAMの予告編とスラッシャー映画に関する浅~い考察

「スクリーム」シリーズの最新作「SCREAM」の予告編が公開されました(まだ続けるのか!?)。リブートかと思いきや、ネーヴ・キャンベル、コートニー・コックス、デヴィッド・アークエットのオリジナル・キャストが揃って顔を揃えているので、地続きの続編の…

遂にあの洋館へ。 バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(の予告編)

スーパーサイヤ人と化したミラ・ジョボが並みいるゾンビを片っ端からシバキ倒す映画版バイオを観ていて「あー、あの洋館を探索してぇ。ドアの向こうで待ち構えるものに怯えながら武器弾薬を補充しつつ謎を解き、仲間を救出してラスボス倒してヘリで脱出して…

笑いと血糊が迸る…。 ヴィクター・クロウリー -史上最凶の怪人-

ポスター・ビジュアルがシリアスなので知らずに観ると景気よく肩透かしを食らいますが、基本はコメディ。手作り大馬鹿スプラッターです。 「ヴィクター・クロウリー -史上最凶の怪人-」(2017年/アダム・グリーン監督) ルイジアナ州ニューオーリンズのハ…

キラー・ジーンズ(の予告編)【と普通襲ってこないモノが襲ってくる映画選手権】

以前、人喰い(色ボケ)ソファが大暴れという「キラーソファ」の予告編をご紹介しましたが、その流れを汲む人喰い無機物シリーズ最新作。 「キラー・ジーンズ(の予告編)」(2020年/エルザ・ケプハート監督) どんな体形の人が身に着けても、その肉体にぴ…

【拷問de村おこし】ヘルアトラクション -絶叫館-【究極の販促映画】

お化け屋敷の中にしつらえられた拷問アトラクション。いやマジ痛そう。演技は迫真、仕掛けは入念。まるで本物。 「ヘルアトラクション -絶叫館-」(2017年/ジョシュア・シュリーヴ監督) 秋休み(Fall Break☜10月末の4日間くらいの休み)にキャンプをしよ…

【ウィジャボードは】呪い襲い殺す【墓場でやってはいけない】

『死者に答えを求めては駄目よ』 Do not go seeking answers from the dead. 順番が逆になってしまいましたが、以前ご紹介した「ウィジャ ビギニング~呪い襲い殺す~」の後日談的正編(紹介逆にすると説明が面倒くさいな)。時系列的には「ビギニング」→「…

【怪異の中にも人情が】怪奇蒐集者《コレクター》 山田ゴロ【にしても田舎の因習は恐ろしい】

落語のジャンルに人情噺というものがあります。「おいおい、笑いに来たのにウルっときちまったじゃねえかこの野郎」なお噺です(有名どころでは「芝濱」とか「百年目」あたりが好み)。怪異譚にも人の情けが織りなす切ない系のお話が。「おいおい、ビビりに…

【世界は完璧だ】デッド・ドント・ダイ【隅々まで味わえ】

Ah, Star Wars. That's good fiction. ロニー・ピーターソン巡査(「スター・ウォーズ」続三部作でカイロ・レンを演じたアダム・ドライヴァー)のキーホルダーに付いていたスターデストロイヤーのミニチュアを見たゼルダ・ウィンストン(ティルダ・スウィン…

ホラーに擬態した神話の模倣。 ザ・ボート

マルタの漁師が漂流船で難儀な一夜。装いは完全にホラーでしたが…。 「ザ・ボート」(2018年/ウィルストン・アゾパルティ監督) マルタ島の漁師が小舟で沖へ(周囲は勿論、地中海)。バレッタの港から岸壁を抜ける景観が美しい。竿も持たず、釣り糸垂らす(…

【ジャンル映画限定】心に残る自動車事故シーン選手権【甘美なりタナトス】

テレワークという世相を反映してか、やたらと「なんとかランキング」的な企画を目にします。「お薦めの泣ける映画」とか「〇〇ベストワークス」とか。近頃はネタが尽きて来たと見えて、「パンクスが選ぶメロコア!名盤ベスト1000枚」とか、「昭和ウルトラシ…

自己破産2 犬鳴村

「さて…」考えをまとめるためにTHE BOTANIST(アイラ島の多様な野生植物を使用したドライジン)の炭酸割り(+レモン)とか作ってみる。一口飲んで再び思考を戻す。「さて…」この監督は何がしたかったんだろう。 「犬鳴村」(2019年/清水崇監督) すみません…

【日常と非日常の分水嶺】怪奇蒐集者《コレクター》村上ロック【その場面転換を愉しむ】

例えば、海水浴場。途切れることなく海に入っていく家族連れ。「立ち止まらないでください」と繰り返し叫び続ける監視塔。最早引き返す事もできなくなった所で、自分が踏みしめているのが海底の砂ではないことに気づく。それは折り重なった溺死体…(筒井康隆…

【フィギュア化記念】アメリカン・サイコ/パトリック・ベイトマン【斧映画選手権】

マウントの取り合いから快楽殺人に手を染めるアホタレヤッピーの素晴らしき日常を描いた「アメリカン・サイコ」の主役、パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベイル)がまさかのアクションフィギュア化。 「アメリカン・サイコ/ パトリック・ベイトマン 1…

【剃刀ワイパーで】デス・スピード【顔面ささらもさら】

レース中に非業の死を遂げたレーサーが、地獄の底から里帰り。 「デス・スピード」(2009年/テリー・イングラム監督) 実にやる気のない邦題ですが、原題も「PHANTOM RACER」で捻り無し。子供の頃からあれやこれやと張り合っていたJJとカッターは揃ってレー…

【祝!1/6スタチュー発売】伊藤潤二コレクション/富江【OVA PART1/PART2】

ANIMEGAMIスタジオという所が、「伊藤潤二コレクション」1/6レジン・スタチューシリーズという恐ろしい企画を立ち上げました。記念すべき第1弾は「川上富江」。頭部は2種類。ロングヘアが美しい「魔性」の富江と、左側頭部からもうひとつの顔が浮き出た妖…

神の声を聞くという呪い。 怪奇蒐集者≪コレクター≫ 小原 猛

以前ご紹介した「怪奇蒐集者≪コレクター≫夜馬裕」に連なる怪異語り。今回の語り部は、沖縄に語り継がれる階段や妖怪、民話、伝承などの蒐集をフィールドワークとしている小原猛。「琉球怪談」「琉球奇譚」「沖縄の怖い話」などの著作あり。本土とは空気感の…

日本から呪怨をデリバリー。 ザ・グラッジ/悪霊の棲む屋敷

≪東京のある家では、無関係の人間が10人以上死んでいる。担当の中川刑事によると、殺人を引き起こしているのは「JUON」という呪いらしい≫おっと担当の中川刑事というのは、石橋凌の事ですね。 ちゃんと繋がっているじゃないですか。 「ザ・グラッジ/悪霊の…

自己破産。 貞子

「さて…」観終わって考えをまとめるためにブランデーのお湯割り(角砂糖をお湯で溶かしてからブランデーを注ぐと美味しい)とか作ってみる。一口飲んで再び思考を戻す。「さて…」…この監督は何がしたかったんだろう? 「貞子」(2019年/中田秀夫監督) 原典…

【日本にもあった禁忌の名前】シライサン【撃退法はにらめっこ】

昨日ご紹介した「バイバイマン」はその名を口にするだけで、更には誰かが口にした名前を聞いただけでアウトでしたが、こちらは名前を知っただけでアウト。つまり、「聞く」に加えて「読む」も発動条件に。知ってはならない禁忌の名前、それは… 「シライサン…

【考えるな!言うな!】バイバイマン【その禁忌の名前を】

名前を呼んではいけないもの、というのがあります。大抵は場所とか回数とかの縛りがあって、簡単にやらかさないよう保険がついています。ビートルジュースなら3回、キャンディマンなら鏡の前で5回、とか。でもこいつは違います。1回でも口にしたらアウト。…

【祝!国内版BD発売】DAGON【原作の本格コミカライズも☞】インスマスの影(田辺剛版)

ラヴクラフト映画としては上位の出来と密かに評価しているスチュアート・ゴードン監督の「DAGON」が国内初BD化。それまではVHSオンリーだったので、快挙と言って良いでしょう。VHSケースを模したアウターには筋違えるかと思うくらい首を傾げましたが…。 何故…

再びルームロンダリングする女。 呪【ノロイエ】家2

どんなに駄目駄目な作品でも「心に残る1カット」があればそれは名画。ホラー映画は特にそう。今回はちょっとやられちゃいました。 「呪【ノロイエ】家2」(2017年/大沢真司監督) 以前ご紹介した「呪【ノロイエ】家」の続編。「うっかり変なものが映っち…

【アナログツールは】ポラロイド【ホラー向き】

アナログなツールはホラー向きです。「リング」のVHS、「フッテージ」の8mm、16mm辺りが代表格ですが、他にもカセットテープ(音楽よりはプログラム録音の方がそれっぽい)、黒電話、鉱石ラジオなど探せば色々出てきそうです。本作の小道具もそのひとつ。 「…

【弱点はニンニクと塩と】バトル・オブ・モンスターズ【アカエイの尾!?】

ところ変われば品変わる。ここはフィリピン、プルパンダン。面積23㎢。ネグロスオクシデンタル州最小の町。ここでは吸血鬼の定義が他所とはちょっと違います。 「バトル・オブ・モンスターズ」(2012年/エリック・マッティ監督) 喧嘩別れしたソニア(ロビ…

神様は今日もお留守。 ドント・ヘルプ

『これまでのザコと一緒にするな。私は40の軍団の長だ。“第2の獣”になり、お前を終わらせる』第2の獣…地中より現われ、子羊に似た二本の角を持ち、竜のように話す偽預言者の化身(ヨハネの黙示録に登場する獣)。なかなかに大物じゃないですか。 「ドント・…

是非、黒沢清監督でリメイクを。 らせん

『安藤、お前は自分の子供取り戻すためにこの世界を売ったんだ。そうだろ?』「リング2」が出来て、話が分岐し、支流が本流になってしまったために「なかった事」にされていますが、こちらが「リング」の正当な続編です。 「らせん」(1998年/飯田譲二監督…

ひとり百物語。 怪奇蒐集者≪コレクター≫ 夜馬裕

全国で拾い集めた怪奇を語る蒐集者≪コレクター≫。心霊ビデオでも再現フィルムでもなく「語り」。ジャンルで言えば「講壇」が近いかもしれません。 「怪奇蒐集者≪コレクター≫ 夜馬裕」(2020年/横山一洋監督) 怪談師と呼ばれる人たちがとっておきの怪異を語…

【オフビートな】英国特殊空挺部隊 オペレーションV【タイトル詐欺】

ここは英国、片田舎。「お隣まで何キロ?」な感じでポツンと佇む牧場。夜の静寂(しじま)を縫って集まった老若男女7名。それは50年に一度の代表者会議。議題はシマの再配分と規律に背いた者の粛清。…と書くとヤクザかマフィアの会合みたいですが、違います…