デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

#ミュージシャン

【ルドルフの恩知らずベストに意義あり】電撃の蠍団/スコーピオンズ【クラシックロック探訪32】そして追悼:ジャン=ポール・ベルモンド

スコーピオンズのギタリスト、ルドルフ・シェンカーが自選お気に入りアルバム10枚を発表しました。第1位は「蠍魔宮~ブラックアウト」(当時のRCAの邦題センスも凄かったですがEMIも負けず劣らず)。以下「禁断の刺青-Love at First Sting」「ラヴドライヴ…

【勝手に大妄想】TOKYO2020開会式の曲はこれだ!【せめて祭は景気よく】

『あんたも向こう先の見えん男やのう。 上に吐いた唾、下に落ちんとでも思うちょるんか』 「県警対組織暴力」より。 いよいよ本日20時より東京オリンピック開会式が始まります。にしても、かつてここまでグダグダで不祥事続きでやる事なす事すべてが裏目に出…

追悼:レスリー・マッコーエン@ベイ・シティ・ローラーズ

ベイ・シティ・ローラーズ絶頂期のリード・ボーカリスト、レスリー・マッコーエンがお亡くなりになりました。4月20日。自宅にて。死因不明。65歳没。改めてWiki見たら結構大変な人生を送っておられたようで。奥さんが日本人というのは知っていましたが、両…

【トニー・アイオミ先生誕生記念】Black Sabbath LIVE 1983 feat. IAN GILLAN【クラシックロック探訪31】

本日2月19日はブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミ先生(1948~)の誕生日(おめでとうございます!)なかなか新譜は望めない状況と年齢でございますが、最近はTVやFM放送用にサウンドボード収録されたライヴ音源を発掘してCD化してくれる有難い…

湖上の煙が取り持つ縁。12月4日はスモーク・オン・ザ・ウォーターの日。

偶然が重なる日ってあるんですねえ。本日12月4日はフランク・ザッパ(1940-1993)の命日。没後の発表まで含めれば、オフィシャルなアルバムだけで120枚は超えているのではないでしょうか。ブートまで入れたら一体どれほどの音源になるのか。聴くだけでライフ…

エリック・カーが紡ぐ殺人魚雷コンビの咆哮。 クラシックロック探訪30 クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト/キッス

本日11月24日はキッスの二代目ドラマー、エリック・カー(本名:ポール・チャールズ・キャラヴェロ)の命日です(実はフレディ・マーキュリーの命日でもあるのですが…)。エリックはピーター・クリスの後任として1980年KISSに加入。初参加アルバムは81年のサ…

クラシックロック探訪29 そして追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン

『ヴァン・ヘイレンを見たよ』(I just saw Eddie Van Halen.) 『どこで?』(Where?) 『ハリウッドボウルで』(The Hollywood Bowl.) 『どんなだった?』(And how was he?) 『ゾンビだった』(He's a zombie.) 『ついてないね』(Tough break.)とい…

8月7日はトビン・ベル&ブルース・ディッキンソンの誕生日。共通項は勿論「鋼鉄の処女」。

本日8月7日はミスター・ジグソウ、トビン・ベル(1942年~)とブルース・ディッキンソン(1958年~)の誕生日(おめでとうございます!)。共通項は勿論「鋼鉄の処女(アイアン・メイデン)」「ソウ2」の冒頭に登場した鬼トラップ。通称“顔面アイアン・メイ…

7月12日はローリング・ストーンズ記念日。サントラ百人一首18 フルメタル・ジャケット/黒くぬれ!

『俺はクソッタレな世界にいる。そうさ。 だが生きている!もう何も恐れはしない』 (I'm in a world of shit . . . yes. But I am alive. And I am not afraid.)隊列を組んだ男たちが行く。海兵隊の望み通り殺人者となった男たちが行く。ロボットではなく…

追悼:スティーヴ・プリースト。 クラシックロック探訪27 危険なブールヴァード/スウィート

SWEETのオリジナル・メンバーにしてベーシスト、ボーカリストのスティーヴ・プリーストがお亡くなりになりました。6月4日。死因非公開(アンディ・スコットによれば近年あまり良くない状態だったそうです)。74歳。コーラスが美しいグラム・ロック・バンドSW…

色々複雑。 リッチー・ブラックモアズ・レインボーが新曲発表。

4人目の嫁と共にコスプレ吟遊詩人と化したリッチー・ブラックモアが2016年にロックに回帰。一過性のお祭り(青春プレイバック)かと思いきや、その後も活動継続。ギターの構えが田端靖男みたいになったリッチーを見た時は軽い衝撃を受けましたが、それでもシ…

Rock’n Roll! 追悼:内田裕也

『Rock’n Roll!』 from「実録安藤昇侠道伝 烈火」 『I Can’t Speak Fuckin’ JAPANESE』 from「コミック雑誌なんていらない」 ロックンローラー、内田裕也氏がお亡くなりになりました。 2019年3月17日。肺炎。79歳。 樹木希林逝去から半年後。南田洋子に先立…

追悼:テッド・マッケンナ(ついでにクラシックロック探訪23 黙示録)

ロック・ドラマー、テッド・マッケンナがお亡くなりになりました。 1月19日。友人曰く「急ぐ必要のなかった」手術での出血多量による失血死。68歳。 最期にその雄姿を拝んだのは2016年8月24日、東京国際フォーラムに於ける「マイケル・シェンカー・フェスト…

パクリスペクト。 クラシックロック探訪22 天国への階段

英国Louderが発表した「読者が選ぶ 最も偉大なギタリストTOP50」で2位にランクイン(1位はジミヘン)したジミー・ペイジですが、米国では「天国への階段」パクリ訴訟が再審となってしまいました。 ロサンゼルスのバンド、スピリット(Spirit)のギタリスト、…

追悼:アラン・ロングミュアー@ベイ・シティ・ローラーズ

ベイ・シティ・ローラーズのベーシスト、アラン・ロングミュアーがお亡くなりになりました。 7月2日。70歳。3週間前、休暇で訪れていたメキシコで体調を崩し、スコットランドへ帰国後入院していた病院で息を引き取ったそうです。 知らない人にはちょっと想…

追悼:マット・マーフィ。 ブルース・ブラザース

What they wanna eat? (注文は何だって?) The tall one wants white-bread toast. Dry.With nothing on it. (ノッポの方は白パン。何もつけずに焼いただけの) Elwood! (エルウッドだ!) And the other one wants four whole friedchickens and a Coke…

クラシックロック探訪21 ナイトゲーム。 追悼:西城秀樹

西城秀樹さんがお亡くなりになりました。5月16日。急性心不全。63歳。 山のようなディスコグラフィから好みの1曲を選ぶなら、オリジナルなら「ブルースカイブルー」、カバーなら、 「ナイトゲーム」(1983年6月1日発売) グラハム・ボネットの「孤独のナイト…

クラシックロック探訪18 鋼鉄の処女/アイアン・メイデン

偶然、TUBEでポール・ディアノの最近の映像を見ました。 スキンヘッドで顎鬚を生やし車椅子に乗っていました。歌はもはや巧いのか下手なのか分かりません。 言われなければ(いや言われても)、この巨体親父がポール・ディアノとは気づかない変わりよう。 し…

その墓碑銘は…。 追悼:グレッグ・レイク

Confusion will be my epitaph As I crawl a cracked and broken path If we make it we can all sit back and laugh, But I fear tomorrow I'll be crying, Yes I fear tomorrow I'll be crying 混乱、それが僕の墓に刻まれる言葉。 ひび割れて断ち切られた…

世界1発屋列伝① プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック@ワイルド・チェリー

♪Yeah they were dancin'and singin' and movin' to the groovin' And just when it hit me somebody turned around and shouted Play that funky music white boy ♪皆踊って歌って曲のうねりに身を委ねていたよ。 その音楽が俺に突き刺さった時、誰かが振り…

サントラ百人一首⑬ ゾンビ/ゴブリン

「ゾンビ」の3バージョン[ドイツのマニアが作った最長版とBGMがサスペリアに差し替えられた木曜洋画劇場版を入れれば5バージョン]で何が好きかと問われれば、バランスの良さで「米国公開版」と応えます。 ただ、オープニングだけで言えばぶっちぎりでヨー…

宇宙幻想。 追悼:富田勲

作曲家、シンセサイザー奏者の富田勲さんがお亡くなりになりました。 5月5日。慢性心不全。84歳。 富田サウンドは「勇壮」の代名詞として細胞レベルで刻まれております。 「ジャングル大帝」「キャプテン・ウルトラ」「マイティ・ジャック」… 映画音楽と…

やさぐれた倦怠と緊張。 エース・フレーリー/オリジンズVOL.1

今年4月27日に65歳の誕生日を迎えたエース・フレーリーの新譜が発売されました。 今回は自身のキャリア初のカバーアルバム。タイトルもストレートに、 オリジンズVOL.1/エース・フレーリー ORIGINS VOL.1/ACE FREHLEY 前々作「ANOMALY」に収録されたSWEET…

クラシックロック探訪12 In Trance 復讐の蠍団/スコーピオンズ

結成から50年。超長寿バンドとなったスコーピオンズ。 「ハリケーン (Rock You Like a Hurricane)」(1984年発表)1曲とってみても、「ナイト&デイ」「ロック・オブ・エイジズ」「ウォーム・ボディーズ」などで使われており、ジャンル問わずサントラ御用…

サントラ百人一首⑩ チューブラー・ベルズ/マイク・オールドフィールド@エクソシスト

曲の冒頭がほんの僅か。たったそれだけなのに作品のカラーを決めてしまう程のインパクト。 道行くシスターの衣装をはためかせる風にすら禍々しい物を感じてしまう名曲。作品は「エクソシスト」。曲は勿論、 チューブラー・ベルズ/マイク・オールドフィール…

サントラ百人一首番外編。 聖地エルサレム/エマーソン、レイク&パーマー@地球に落ちて来た男[追悼:デヴィッド・ボウイ]

デヴィッド・ボウイがお亡くなりになりました。 2016年1月10日。69歳の誕生日の二日後。癌。 曼荼羅畑での登場は極めて控え目。主演作「ハンガー」とOPに“I'm deranged”が使用された「ロスト・ハイウェイ」を紹介したことがあるくらい。 ボウイでまず思い浮…

サントラ百人一首⑦ フリー・バード/レーナード・スキナード@デビルズ・リジェクト

♪If I Leave Here Tomorrow Would You Still Remember Me 満身創痍で車を走らせる“悪魔も見放す”極悪家族。 ハンドルを握るのは長兄・オーティス・ドリフトウッド(ビル・モーズリィ)。後部座席には妹・ベイビー・ファイアフライ(シェリ・ムーン・ゾンビ)…

クラシックロック探訪8 鋼鉄(はがね)のロック魂/イアン・ギラン・バンド

ディープ・パープル脱退組から生まれたバンドは多数あり、ソロも含めてアルバムも多岐に渡りますが、1枚選べと言われたらこれ。 「鋼鉄(はがね)のロック魂」イアン・ギラン・バンド Clear Air Turbulence/IAN GILLAN BAND(1977) LPサイズでないと伝わらな…

クラシックロック探訪4 悪魔の落とし子 BORN AGAIN/ブラック・サバス

ブラック・サバスで1枚と言われて本作を推す人は稀だと思います。大抵はオジー在籍時の1st~4thのいずれか、ロニーなら「Heaven And Hell」、後期のファンならトニー・マーティン、コージー・パウエル在籍時の「Headless Cross」か「TYR」辺りではないでし…

クラシックロック探訪2 甘い誘惑 Give Us A Wink/スウィート

バンド自体は以前、『グラムロックに恋狂い』のタイトルで紹介済みなので、今回はアルバムメインで。 「甘い誘惑 Give Us A Wink/スウィート SWEET」 68年、イギリスで結成されたSWEETの76年作。 SWEETのアルバムは国によって収録曲や曲順が異なり、その間…