デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

サントラ百人一首⑦ フリー・バード/レーナード・スキナード@デビルズ・リジェクト

イメージ 1

 

If I Leave Here Tomorrow

Would You Still Remember Me
 

満身創痍で車を走らせる“悪魔も見放す”極悪家族。

 

ハンドルを握るのは長兄・オーティス・ドリフトウッド(ビル・モーズリィ)。後部座席には妹・ベイビー・ファイアフライシェリ・ムーン・ゾンビ)と父・キャプテン・スポルディング(シド・ヘイグ)。

 

全身穴だらけ。つかの間の休息。包み込むように流れる歌は、

 

フリー・バード/レーナード・スキナード

イメージ 2

 

1973年発表。917秒に及ぶパワーバラード。映画は勿論、

 

「デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~」

2005年/ロブ・ゾンビ監督)

 

彼らの前方には警察の封鎖線。一旦、車を止め、笑いながら銃を手にする3人。ベイビーの口が動きだけで言葉を紡ぐ。MOTHER FUCKER!


イメージ 3

 

それは進撃再開の合図。バニシング・ポイントに向かって一直線。硝煙。弾幕。被弾。


イメージ 4

 

Lord Knows, I Can't Change

Lord Help Me, I Can't Change
Lord I Can't Change
Won't You Fly High Free Bird Yeah
 

ここまで見事にこの曲を使いこなした人はいないと思います。流石ロブ・ゾンビロバート・ゼメキスはこのシーン100回観直しして反省文を提出するように。

 

フリー・バード圧巻のライヴ映像(1977オークランド)はこちら


イメージ 5イメージ 6←ランキング投票です。よろしければワンポチを。