デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

走れプリウス! アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!

イメージ 1
のっけからド派手な(大味な)カーアクション!

豪快にジャンプしながら、ぶち割れたフロントグラス越しに2丁拳銃を乱射しつつ、「お前らには黙秘権がある!」

バッド・ボーイズな花形刑事二人組ダンソン(ドウェイン・ジョンソン←ロック様)&ハイスミスサミュエル・L・ジャクソン。※写真上)。

こいつらが主人公か!?と思いきや、さにあらず。

「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」
(2010年/アダム・マッケイ監督)


書類監査専門の引きこもり刑事アレン(ウィル・フェレル)と熱血空回り刑事のテリー(マーク・ウォールバーグ)は、花形の影に隠れる“その他大勢(アザー・ガイズ)

ところが、花形刑事コンビが、信じがたい(あり得ない)理由で退場(この有名俳優豪快使い捨てシーンは観る価値があります)。

次の花形ポジションを狙って色めき立つアザー・ガイズ軍団でしたが…。

というプロットは悪くないです。アレンの愛車がプリウスというのも、テリーの部屋に貼ってあるポスターがコブラというのもなかなかにツボではあります。

実にコメディ向きの設定なのですが、テリーの熱血同様空回りの感が否めません。

今日的題材にしたかったのでしょうが、立ち向かう巨悪を金融業界にしたのも、話を無駄に分かり難くしています。

予告は非常に面白そうだったので、もう少し単純なプロットにして、もう少し短くまとめれば(110分は長すぎ)、繰り返し観可能なアクション・コメディになったかも。

『♪ふふふ~、ふふふ~、ふふふ~、ふふふ~、ふふふん(←SWATのテーマ)』
『その曲をハミングするな!』

小ネタの数々は面白かったんだけどなぁ…(「ホット・ファズ」って良く出来た映画だったんだな…)。

★ご参考