デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

野坂昭如が木霊する。 現代やくざ 血桜三兄弟

イメージ 1
 
♪この世はもうじきお終いだ。 俺たちゃ毎晩お祭りだ。
 むすんでひらいて蓮の花。  曼荼羅曼荼羅 朝ぼらけ
 マリリン・モンロー・ノーリターン
 
野坂昭如に彩られた野良犬の挽歌。
 
「現代やくざ 桜三兄弟」1971年/中島貞夫監督)
 
男性の「ん゛!」「あ゛~」「ふぁ!」といったコーラス(合いの手?)が入るフュージョンOPがいい感じ(音楽は山下毅雄)。
 
三兄弟というのは菅原文太(組織に嫌気がさして足を洗った元やくざ)、伊吹吾郎(組織の中でのし上がることのみを考える現役やくざ)、渡瀬恒彦(毎度お馴染み狂犬やくざ)の3人。
 
皆素晴らしい存在感ですが、美味しい所を持っていったのは小池朝雄荒木一郎
 
大阪やくざの鉄砲玉として単身岐阜に乗り込んでくる小池が妙にダンディ。


イメージ 2
 
ホテルで着くや得物のワルサーP38を分解お手入れ。ビシッとスーツをキメると夜の街へ。
 
『俺がスコッチって言ったらボトルごとだ。覚えておけ』
 
荒木一郎は菅原の経営するカフェで働いているショボ~い三下(あだ名はモグラ26歳童貞)。いつか見ていろ俺だって…な純度100%なヘタレ男…なのですが、抗争の中で思わぬ伏兵に。
 
ダンディ小池とヘタレー荒木。真逆なキャラが運命の糸で命のやりとり。


イメージ 3
 
クライマックスは三兄弟揃い踏みの殴り込み。大阪はもとより日和って子分を売った岐阜の親分もまとめて成敗。
 
二丁拳銃乱れ撃つ伊吹吾郎チョウ・ユンファの佇まい。手榴弾はないが火炎瓶ならある。とどめは勿論ドス祭り。
 
ジョン・ウー絶対観てますよね、これ。


イメージ 4

※実は一番印象に残ったのは、菅原が仕切った小さなストリップ興業。何と言うか踊り子さんの年齢と体のだらしなさが場末感満開で、素晴らしいモデルチョイスだと思いましたです、はい。

イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを