デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

暴れ馬シャロン! 氷の微笑2 + クイック&デッド

イメージ 1

ビルドアップしたシャロン姐さんが大暴れ。

氷の微笑2」(2006年/マイケル・ケイトン・ジョーンズ監督)

シャロン・ストーン以外でこの映画を作りたかった人っているんでしょうか?

髪型と化粧と神業的照明でなんとか踏ん張ってはいますが、ダイナマイト・キッドかデイビーボーイ・スミスかってな肉体美が逞しくて、もう。

言葉のやりとりが空虚、映像が索漠、展開が大味・・。

思えば前作は、バーホーベン+ヤン・デ・ボンロブ・ボッティンジェリー・ゴールドスミスだったんですものね。比べる事自体が無意味。

お口直しでクイック&デッド(1995年/サム・ライミ監督)を。

マカロニ魂入りまくり&リスペクト捧げまくりの侠気ウェスタンですが、この頃のシャロンにはまだ「おなご」な感じがあっていいですね。ビビる、怯える、迷う。

今のシャロンが「クイック&デッド」に出たら、いきなりガトリング砲片手で乱射して5分で終わっちゃうでしょうね。