デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

画期的殺戮! サラ・コナー・クロニクルズ/シーズン1最終回

イメージ 1

2話目以降、いまひとつ盛り上がりに欠けておりましたが、最期はキメてくれました。アクションドラマ史に残る画期的殺戮シーンだと思います。


2011年の“審判の日”。景気良く飛んでいくミサイル群を見上げる幼いリース兄弟。

ヨハネの黙示録について語るエリソンFBI捜査官。

※引用されるのは、白馬に跨ったキリストが黄泉を従えて現れるくだり(この後、人類は神の軍勢に戦いを挑んで鎧袖一触のフルボッコになります)。

という2点を前フリにしてクライマックス・・人間とは思えぬ殺人を繰り返すニセFBI捜査官ケスター(実はT888型ターミネーター)を捉えるべく総力戦を挑むFBI軍団。

フル装備でいざ、突入! しかし、ターミネーターFBIの攻防戦は全く描かれません。

映るのは、プールに次々と投げ込まれるFBIのみ(視点はプールの底)。

効果音も無し。ただ、黙示録を歌ったジョニー・キャッシュの"The Man Comes Around"が流れるだけ(この曲、「ハンテッド」のラストでも流れましたね)。

ドンパチを期待した人には“手抜き”と映るかもしれませんが、含蓄深い名シーンだと思います。

ケーブル放送終了したので即シーズン2へ続くのかと思ったら、シーズン2は10月スタート。それまでシーズン1の再放送をするようなので、見逃した方は是非チェックしてみてください(フジも10月に深夜枠で1~2一挙放送するみたい)。