デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

名誉に…。 タップス

イメージ 1
 
『さて…何に乾杯する?(So, what shall we drink to?
 永遠不滅のものがいいな(Let's drink to the one thing that never changes
 人生においていつまでも変わらぬものだ
 (To the one permanent part of a man's life)』
『名誉に(Honor)』
『賛成だ。では名誉に(Honor,indeed. So, then. To honor.)』
『名誉に…(To honor.)』


イメージ 2
 
穢れなき想いの行き着く先は…。
 
タップス1981年/ハロルド・ベッカー監督)
 
141年の歴史を誇るバンカーヒル陸軍幼年学校が閉鎖(解体されてコンドミニアム化)される事に。
 
猶予期間は1年。ベイシュ将軍(ジョージ・C・スコット)は、その間に状況打破を画策するも不幸な事故によって事態は最悪の方向に。
 
理事会によって即時解体を宣告され、保管していた州軍の武器(学校の演習でも使用)も押収されそうになった時、生徒達は武器を取って立ち上がった。
 
『この学校は我々のホームだ!』(公開時キャッチ・コピー)
 
散々言われ尽くしている事ですが、ティモシー・ハットントム・クルーズショーン・ペンが若い!


イメージ 3
 
出番がさほど多くないのに滴るような色気を撒き散らすトム様も眼福ですが、ショーン・ペンの憂いに満ちた表情が素晴らしい。
 
純粋であるが故に大人の判断ができない子供たちの叛乱の行方は。


イメージ 4
トップガンの5年前。トム様のキャラはかなり美味しい役どころ。
 
愛国心の涵養か、竦んだ思想教育か。流された血は誰が為に。
 
大量の武器を手にしながら、局地戦に突入しないのは作り手の矜持でしょうか(今リメイクしたら間違いなくドッカンバッカンの殺戮戦になってしまうでしょう)。
 
慎みのある青春映画だと思います。

イメージ 5イメージ 6←ランキング投票です。よろしければワンポチを。