デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

エル・ゾンビ 死霊騎士団の誕生

イメージ 1

幻のカルト・ムービーをようやっと観ました。

「エル・ゾンビ 死霊騎士団の誕生」
(1971年/アマンド・デ・オッソリオ監督)


日本未公開のスペイン映画。
ビデオ発売時のタイトルは「エル・ゾンビ 落武者のえじき」(←これはこれで身も蓋も無くて素晴らしい)。

ゾンビを名乗るということは、ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」の影響下にあるということですが、オリジナルの要素もてんこ盛り。

ゾンビったってただの死骸じゃありません。中世の武闘派・テンプル騎士団の亡霊です。

黒魔術に通じ、永遠の命を得るために悪魔に処女の生贄をささげ、その血を吸い、遂には捉えられ処刑され、カラスに目を食われるまで晒し者にされたテンプル騎士団

目の無い体に朽ち果てたローブをまとい、馬に跨って疾走する姿(しかもスローモーション)は詩的な美しさを湛えています。

ストーリーは変死した友人の謎を追うという「サイコ」型。

全体通して「まったり」「ゆったり」としたテンポで進むのが難ですが、要所要所に、「レズ」「裸」「スプラッター」「レイプ」などを散りばめてポイントを稼いでいます。

ラストの情け容赦の無い殺戮パーティもグッドです(ってかこの辺りになるとテンプル騎士団を応援してました)。いいんですよ、別に生き残る奴なんかいなくたって。