デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

マーク・ハミルだよ(拍手!)。 ボディ・バッグス

イメージ 1

いきなり身も蓋も無いですが、作品として褒める所はありません(きっぱり)。

が、しかし! 何ざましょこの妙な方向に振り切った豪華出演陣は。

 

「ボディ・バッグス」

(1993年/ジョン・カーペンタートビー・フーパー監督)


3話オムニバスの「トワイライト・ゾーン」型短編集。

1話・2話の監督とMCをカーペンターが、3話の監督をフーパーが担当しています。

「第1話/ザ・ガス・ステーション」

深夜のガソリン・スタンドに殺人鬼がぁ!という実に凡庸なお話、なのですが、怪しい客役でウェス・クレイヴンが! ついでに死体(遺影)役でサム・ライミが!

「第2話/ヘアー」

薄毛を気にする中年男に悲劇がぁ!という侵略SF(?)、なのですが、主役の恋人がシーナ・イーストン! 増毛医院の看護婦がデボラ・ハリー(写真下。「ビデオドローム」から11年経っているとは言え、この老けようは何だ)!

「第3話/アイ」

事故った野球選手が眼球移植したら眼の中に変なものがぁ!という使い古された「瞳の中の訪問者」ネタ、なのですが、主人公がマーク・ハミル(拍手!)、妻がツイッギー! 主治医がロジャー・コーマン(消毒されるだけでも嫌)!

どうですか、お客さん。マーク・ハミル、ツイッギー、シーナ・イーストン、デボラ・ハリー、コーマンにクレイヴンにライミにフーパーにカーペンター!

あたしゃ何かの基金かと思いましたよ。We Are The B級 World。

話の合間に「いやあ、役者って楽しいなあ」的ハイテンションで顔を出す死体検視官(を装った死体)役のカーペンター(写真上)が一番の見所でしょうか。

心が博愛に満たされてとめどもなく溢れ出て困った時にどうぞ。