デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

歯が足りない? ジュラシック・ワールド

イメージ 1

We need more.
More what?
Teeth! We need more TEETH!

クライマックスを示唆する超重要な台詞を歯が足りないと訳した女王様字幕は間違ってはいませんが、もう少し何とかならなかったのでしょうか(実際、字幕見た時は「何言ってんだこのガキ」と思いました)。

ジュラシック・ワールド2015年/コリン・トレヴォロウ監督)

12万人が訪れる人気施設ジュラシック・ワールド。目玉企画として遺伝子組み換えハイブリッド恐竜・インドミナス・レックスを育成したら頭脳明晰な暴れん坊に育って大騒ぎ。

 

イメージ 2

まあ、それだけです。ご家族揃って楽しめるアトラクションムービーと割り切ればそれなりに楽しめます。

舞台が施設内限定の箱庭設定なので、どうしてもこじんまりとまとまった印象。

せめて、観光客活け造り&踊り食いな阿鼻叫喚でも出てくれば別の意味で2階級特進だったのですが、ファミリー映画でそれはちょっと高望み。

戦う女の正装“タンクトップ”が拝めただけで善しとしましょう。

 

イメージ 3

コマンド部隊が空からではなく歩兵部隊としてノコノコ追撃して全滅するのは「スシップ・トゥルーパーズ」リスペクトと脳内変換いたしました。

 

イメージ 4

冒頭の台詞はインドミナス・レックスの傍若無人な大暴れに手も足も出ない主人公たちの会話。

この場合のTeethは威力・効力と文字通り歯のダブルミーニングのようです。

このバケモノに対抗するにはもっと歯のある(強い)奴を連れて来ないと駄目だ!

そんな奴ここにいるわけ…いた! あいつが!

というちょっと胸熱な展開が待っているのですが、だからこそ、ここの台詞はもうちっと熱くキメて欲しかったと思います。

 
 
イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを。