デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

人の迷惑顧みず…。 マーフィの戦い

イメージ 1
                 
Didn't you hear them? The war is over!

(聞こえなかったのか? 戦争は終わったんだ!)

Their war. Not mine!

(奴らの戦争だ。俺のじゃない!)

 

目の前に敵がいるから仇を討つ。終戦? 知った事か!

 

「マーフィの戦い」1971年/ピーター・イエーツ監督)

 

終戦間近のベネズエラ。ドイツ軍の潜水艦に貨物船を沈められた挙句、仲間を機銃掃射で皆殺しにされ、只一人近くの島に流れ着いた機関兵マーフィ(ピーター・オトゥール)。

 

オンボロの水上偵察機グラマンJ2Fを修理し、手製の巨大火炎瓶(導火線も手作り)を取り付けていざリマッチ。


イメージ 2
グラマンの模型、欲しいな…。
 

必ずUボートを見つける。そして沈める。たった独りの戦争の始まりです。

 

ドイツ軍にとっても島民にとっても大迷惑。しかし、マーフィは私怨MAX、復讐フルスロットルで全力疾走。

 

それは終戦のアナウンスを以ってしても止められず…。

 

戦い終わってノーサイド…ってのは美しいスポーツの世界のお話。命のやりとりの最中に、仲間の屍踏み越えた先に敵の姿を捉えた時に、国際ルールだからなどという理由で止まれるはずもありません。

 

ふと、岡本喜八監督の「肉弾」を思い出してしまいました。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを。