デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

窮鼠、猫を…。 893愚連隊

イメージ 1

 

『電気冷蔵庫には5年の保障があるけど、ワイらには明日の保障もあらへんのやで』

 

だから好きなように生きる。ネチョネチョと。

 

893愚連隊」1966年/中島貞夫監督)

 

893(やくざ)と題していますが、愚連隊はやくざではありません。また、やくざという単語も作中一度も登場しません。

 

やくざを指す単語は“博打打ち”。なのでタイトルの意味合いは「893(博打打ち)vs愚連隊」。

 

京都を根城に白タク、恐喝、美人局などをシノギにしているジロー(松方弘樹)、参謀(荒木一郎)、オケラ(広瀬義宣)の愚連隊トリオ(+ハーフのドライバー、ケンとスケコマシ担当としてスカウトした大隅近藤正臣-)。

 

ここに15年の刑期を終えて出所してきた元愚連隊、杉山(天知茂)が合流。


イメージ 2

 

製薬会社の原薬を強奪して買い戻し金1千万をせしめようとしますが、博打打ちの横槍が入って骨折り損。

 

組織相手に勝てるわけがないと一旦は諦めるジローらでしたが…。

 

全編京都ロケ(無許可ゲリラ撮影)を敢行した青春群像劇。

 

博打打ちと愚連隊、愚連隊の世代感覚の違いなど対立構造が立体的。博打打ちの黒川(高松英郎)の「今更愚連隊に戻ってどうする。うちの組に来い」という誘いに対して杉山が

 

『(○○←音声消去)組長たらは嫌いなんや』と応えるシーン。消された台詞は天皇たら』


イメージ 3

 

天皇たら組長たらは嫌いなんや』…特攻の生き残りという杉山のキャラを反映した台詞ですが、映倫と揉めちゃったんだそうです。

 

現代を飄々と生きる松方弘樹が主役ではありますが、時代の変化についていけない不器用な男(鶴田浩二の十八番)を演じた天知茂がいい感じでした。

 
 

イメージ 4←ランキング投票です。よろしければワンポチを