デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

デカイ淵さんデカイ! 伊藤潤二 コレクション ♯12

イメージ 1

 

『あなた、誰に断って私の写真撮ってるの?!』

 

恐怖と薄ら笑いに彩られた異形の1224話。大トリはやっぱりお前だったか双一。そしてまさかの特別ゲスト。

 

異形の世界は繋がっていた…。

 

伊藤潤二 コレクション/第12話・No116潰談| No071

2018323WOWOW放送/添野恵演出

 

前半は甘い蜜の恐怖を描いた「潰談」

 

とある異国のジャングルで現地人から貰った蜜の壺。何の蜜かは分からない。しかし美味い。中毒性があるどころじゃない。他の喰い物が不味くて喉を通らない。

 

蜜をくれた現地人の忠告。「蜜を舐める時は見つからないよう注意しろ」

 

見つかる? 誰に? 見つかったらどうなると言うのだ。

 

一笑に付した友人は直後、風船のように爆発。跡には放射線状の人間カーペットが。


イメージ 2
 

爆発したのではありません。何かに叩き潰されたのです。血を吸う蚊が潰れて血染みとなるように…。

 

発想が飛びすぎている(笑)。どうすればこんな話思いつくんだ…。

 

そして後半は真打・双一登場。「噂」

 

自分に都合のいい噂(新聞配達をしている、老人や子供を助けた、有名人と親戚e.t.c.)を流して人気者になった双一ですが、嘘がバレて窮地に(自業自得の嵐)。

 

嘘をバラしたクラスメイト咲山みどりに復讐するため、森の中の泥沼が美容に効くという噂を流してみどりを誘い込み、入浴(?)中のみどりを撮影(しかも「写ルンです」で!)して悦に入っておりましたが、その時、

 

沼地が鳴動、鳥逃げ波紋立ち、湖面揺らして現れたのはゴジラかバランかジラースか…違う、淵さんだ!

 

ってデカイ淵さんデカイ! 元々長身だったけど、あんた今10m以上あるだろ。


イメージ 3
 

『何で私がここにいるって知ってるの?!』

 

いや知らないよ、ってか何であんた沼に沈んでるんだよ、呼吸とかしないのかよ。

 

と思う間もなく双一の前に仁王立つ“ファッションモデル”淵さん。

 

双一に幸あらんことを!(合掌)

 

2期ってないのかな…。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを