デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

まずウド・キアに謝れ。 マミーvsフランケンシュタイン

イメージ 1

 

ミイラとフランケンシュタイン異種格闘技戦。つい「プレスリーvsミイラ男」のようなぶっ飛びかっ飛び男泣きな映画を想像してしまいましたが、とんだ一杯喰わせモノ企画でした。

 

「マミーvsフランケンシュタイン

2015年/デイミアン・レオーネ監督)

 

エジプトからアメリカの大学に持ち込まれたミイラと、その大学で継ぎ剥ぎ死体の再生に心血注ぐ教授が作り上げたモンスターが運命の出会い…なのですが。

 

ミイラ男とフランケンの話がバラッバラで接点がないものだから、両者が出逢うワクワク感がまるでありません。

 

登場人物全員キャラが立っていないのですが、特に死体蘇生にうつつを抜かしている教授ヴィクター(最後にファミリーネームが種明かしのように語られますが、んなものヴィクターと言われた時点で分かるだろ)が酷い。

 

死体蘇生の研究者は目に知性と狂気を湛えていなくてはなりません。悪魔のはらわたウド・キア然り、死霊のしたたりのジェフリー・コムズ然り。


イメージ 2
フランケンシュタイン男爵と死体蘇生師ハーバート・ウェストくん

 

なのにこのヴィクターときたら半笑いの間抜け顔で知性も狂気も彼岸の彼方。まずウド・キアとジェフリー・コムズに五体投地して謝れ。話はそれからだ。


イメージ 3
全然頭が良いように見えないヴィクターくんとミイラ研究者のヒロイン

 

フランケンシュタインの怪物に必要な悲哀も皆無。食い詰めた大学用務員のオッサン脳みそが入っているので言動が品性下劣。


イメージ 4
 

あと、ミイラは何か超常現象のひとつも起こせ。やっと出逢ったと思ったら延々ドツキ合いかよ。

 

これなら宇宙からツタンカーメンの方がよっぽど芸達者だったぞ。

 

おまけ

イメージ 5
 

喉切り裂かれてミイラに血を与える不幸な研究者は「E.T.」でマイケル演ってたロバート・マクノートン。香ばしいおっさんになりました。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを