デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

震電推参! 荒野のコトブキ飛行隊 ♯11

イメージ 1
 

やっぱり僕が戦闘機乗らないとダメだったかなー。次はアレで出るから

準備は出来ております

 

前回イサオが言っていた「アレ」…正体は震電でした。

 

「荒野のコトブキ飛行隊/第11話・イケスカの決闘」

2019326日深夜BS11送/水島努監督)

 

ラハマ上空に開いた穴の独占に失敗したイサオですが、全部ラハマのせいにして糾弾、イケスカになびかぬ各地を“利権独占を狙う悪い奴ら”と決めつけて絨毯爆撃(まるで炎の七日間のような凄惨さ)。

 

国を焼かれた反イサオグループが連合を組んで富嶽の製造拠点を急襲。

イメージ 2
ナオミ姐さん(隊長になっとる!)、カミラ姐さんも参戦。

 

物凄い数の戦闘機を囮に迎撃隊を引きつけて、手薄になった拠点をコトブキらが叩く、という作戦でしたが、見事に裏をかかれて大ピンチ。

 

大量の戦闘機が乱舞する様を観て「おお、ジェダイの復讐!」と思ったらオチまで一緒(罠だ! It’s a trap!


イメージ 3
 

罠の真打はイサオが駆る高速局地戦闘機震電(一瞬「スカイクロラ(散香)か!?」と思いました)。


イメージ 4
左:震電  右:散香

 

水平尾翼を廃し主翼の前に水平小翼を設置した前翼型。プロペラ後方配置の推進型という独自フォルムがかっちょいい。

 

歴史的には1945年に試作機が完成したものの、試験飛行中に終戦を迎えて“出番無し”になった可哀そうな子。

 

しかし、ここではテクニシャン・イサオの搭乗で華麗に再生。


イメージ 5
何だこのトリッキーな動き!?
 

イサオに命を吹き込まれた震電は面白いように奇襲軍を撃墜。

 

撤退を決めた羽衣丸も満身創痍。危機を救ったのは…エリヰト興行! 勿論社歌つき(羽衣丸全員が「誰?)。


イメージ 6
絵師姉さんも健在。オールスターになりました。

 

イサオはキリエ機を仕留めたものの直後にケイトの銃弾を受けて戦線離脱。はてさて、最終決戦の行方は…。

 

 

今週の箴言

 

『我々の作戦に撤退などという愚かな選択肢は無い!

 その弱気が敗北を呼び込むんだ!絶対に勝つ!

 ここまで来て敗走は無い!ここを耐えれば勝てる!』


イメージ 7
耐えればも何も墜落してますよ、おっさん。

 

いますよね、誰がどう見ても負け戦確定なのに意地張って撤退せず、最後は仲間道連れに自滅する指揮官。

 

『悪い軍隊なんてものはない。あるのは悪い指揮官だけだ…ってね』

(「パトレイバー2」より荒川茂樹の台詞)

 

★ご参考

イウォーク・セレブレーションを返せ! ジェダイの帰2008115日]

脚本監修:行定勲・・か(がっくり)。 スカイ・クロラ200991日]

も、木目まで! スカイ・クロラ[北米版Blu-ray2010117日]



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを