デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

再開。 ジグソウ:ソウ・レガシー

イメージ 1

 

『ハロラン警部を呼べ。
17分以内に奴が来ないと5人の人間が死ぬ事になる。
今すぐハロランを連れて来い!』
Detective Halloran.
If he's not here in 17 minutes, five people are going to die.
Get Halloran here, now!

イメージ 2

 

ジグソウが死んで10年。再びゲームの開始が宣言されました。
 
2017年/マイケル&ピーター・スピエリッグ監督)
 
景気の良いカーチェイスからの捕り物劇、一瞬、あれ?観るもの間違えたかな、と思いましたが、これが新たなるゲームのプレリュード。
 
遠く離れた農家の一室で鎖に繋がれた5人の男女。そして始まる脱落=死のゲーム。


イメージ 3

 

グダグダを極めて終わったシリーズが再起動。リメイクではないので、“10年前にジグソウ死亡”が与件。
 
ジグソウ登場のトリックがひとつの見せ場になるわけですが、ここいら辺はシリーズを通して観てきた人なら容易に想像がつくでしょう。

 

イメージ 4

 

一気に魅せるテンポは持っているので、鑑賞中のストレスは少ないですが、後から思うと…なシーンがひとつふたつみっつよっつ(笑)。
 
確率が高いとは言えない偶然に頼っているところが多々あり、「おいおい、もしあそこで○○が××しちゃったら(もしくはしなかったら)どうするつもりだったんだ?」な箇所が多く、大掛かりな割にゲームの完成度が高くないのがちと不満。


イメージ 5

 

あと、〆の決め台詞があれじゃなかったのは拍子抜け。
 
さて、ここを起点とした新シリーズって出来るんでしょうか。
 
 
 
 
 

イメージ 4←ランキング投票です。よろしければワンポチを