デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

実録・安藤昇侠道伝 烈火

f:id:zombieito:20191023140714j:plain


『アニキ分かんねえよ、こんな中国語のマニュアルなんか!』
『引き金引きゃ何か出るだろ』

最高のロック・ムービーを1本挙げろと言われたら。

「実録・安藤昇侠道伝 烈火」

(2002年/三池崇史監督) 


実録・・・嘘です。安藤昇が歌舞伎町のど真ん中でロケットランチャーぶっ放したという事実はありません。

ありていなヤクザ組織の抗争と権謀術策の話ですが、真田組組長・内田裕也(姐さん・りりイ)、組長を父と慕う若衆・竹内力、その舎弟・遠藤憲一、叔父貴・ジョー山中、阪東連合幹事長・千葉真一、箱根の御前・丹波哲郎となるともう一筋縄では。

で、全編を彩る音楽が、フラワー・トラベリン・バンドSATORIときた日にゃ。

ヒットマン山口祥行がダブル・ベレッタで歌舞伎町を疾走するオープニングからエンジン全開瞳孔全開、毛穴も開くかっこ良さ。

終盤、竹内力のあり得ない報復行動と、ヒットマン美木良介とのあり得ない一騎討ち。

これは内田裕也「交信」する事のできる人だけに届く魂の1本。

諸外国ではDVD化されてるのに何故国内版が出ないんじゃ?
話一緒で色真逆の「荒ぶる魂たち」と併せてDVD化希望!
(今回は北米版DVDで鑑賞)