デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

実録の生き証人、逝く。 追悼:安藤昇

イメージ 1
 
俳優、小説家、歌手、プロデューサー、そして元ヤクザの安藤昇氏がお亡くなりになりました。
 
20151216日。肺炎。89歳。
 
15歳で感化院、18歳で少年院。予科練試験合格の恩赦で退院し、海軍飛行予科練習生となり、伏龍特攻隊へ(しかし、特攻叶わず終戦)。
 
戦後、仕事の幅を不動産、興行手配から賭博の開帳仕切りへと広げ「安藤組」結成。
 
で、色々あって俳優に転向。
 
インテリヤクザという表現がぴったりくる端正な顔立ち+“本物”という肩書き。
 
役者の演技を眼力ひとつで吹き飛ばす凄み。
 
曼荼羅畑でも何本か取り上げさせてもらいました。
 


イメージ 2
 
「出所祝い」1971年/五社英雄監督)


イメージ 3
 
あと、本人は出演しておりませんが、
 
 

なんていう(文字通り飛び道具な)作品も。どこが実録やねん!な非常識アクションに痺れます(主演:竹内力)。

 

実録というギミックに本物の誉れを上塗りした昭和の生き証人(墓の中に持って行った秘密がものすげーありそう…)。


ご冥福をお祈りいたします。

イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを。