デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

ホットパンツと生脚は宇宙の法則。 惑星大戦争

イメージ 1

異星人に拉致された浅野ゆう子(当時17歳!)が、何故かホットパンツのボンテージルックに。

そんな必然性はない。ビタ一文無い。無いがやはり拉致された17歳の浅野ゆう子はホットパンツに生脚でなければならない。理由などない。強いて言えば宇宙の法則だ。

「惑星大戦争(1977年/福田純監督)

ご存知「宇宙からのメッセージ」と並ぶ“スターウォーズが公開前の話題便乗荒稼ぎヤリ逃げ”企画。

八犬伝をベースにあちこち捻ってファンタジーにした「宇宙から~」に対し、正統派SF特撮アクションを展開しましたが、残念ながら大味で平板な出来に。

唯一この映画にレーゾンデートルを求めるとすれば、「浅野ゆう子のホットパンツと生脚」という事になるでしょうか。

この“拉致されたヒロインは理由もなくエロい格好になる”という宇宙の法則は、「スターウォーズジェダイの復讐」(すまんが俺にとってエピ6は帰還じゃなくて復讐なの)でも発動されていました。

考えてみればクライマックスのバリヤ破壊チームと攻撃チームの二面作戦ってのもエピ6で使われていたような・・。

バッタもんのくせにルーカスに影響を与えるとは(←勝手に決めつけてますが)、恐るべし「惑星大戦争」。

※参考:「イウォーク・セレブレーションを返せ!ジェダイの帰還」
     →2008年11月5日

    「宇宙からのメッセージ」→2009年6月5日