デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

ツインテ天然デス伝説。 きんいろモザイク[北米版BD-BOX]

イメージ 1

 

BOXと言っても中身は1枚。全12話をBD1枚に詰め込んだGJ部仕様 でお値段約5千円。
 
国内版BDは(特典は盛り沢山ですが)、12話収録で定価7,560円。全話揃えると45,000円越え(amazon価格で買っても33,000円越え)。
 
比較的動きの少ない作品に限定されますが、この選択肢の広がりは有難い限りです。
 
きんいろモザイク[北米版BD-BOX]」
20137月-9月放送/天衝監督)
 
天衝さんと言う人、良く存じ上げなかったのですが、フリーの演出家(以前の名義は田中基樹)のようです。
 
ご本人のHPを覗いてみたら、本作演出に当たって、
 
「このきれいな作品を汚してはならない」そのためには「『いい人』にならなければならない」という決意が語られておりました。
 
確かに一片でも邪心があれば、このピュアな色合いは出せなかったでしょう。
 
幼少期にイギリスにホームステイした大宮忍(シノ)。お世話になった家には同い年の金髪少女アリスが。
 
数年後、高校1年となったシノの元に今度はアリスがホームステイ。更にアリスを追ってもう一人の金髪少女カレンも来日。
 
シノ、アリス、カレンに猪熊陽子、小路綾を加えた5人組のゆるふわな高校生活。
 
けいおん」「Aチャンネル」「ひだまりスケッチ」や「ゆゆ式」、その後の「ご注文はうさぎですか?」に連なる“癒し系”アニメです。
 
今回、お話はちょっと置いておいて、キャラ被りについて再度(以前やった「学園ラブコメの女教師は何故皆同じ顔に…?」の続きです)。
やはり目に付くのは「けいおん」梓の系譜であるツインテ少女”


イメージ 2
 左から「けいおん」梓、「きんモザ」綾、「ご注文はうさぎですか?」リゼ。
 
因みに綾とリゼの中の人は同一人物です。
 
次に主役。この手のお話の主役は何故か皆“超天然”。サブ属性が“超ポジティブ”


イメージ 3

   左から「けいおん」唯、「きんモザ」シノ、「ご注文はうさぎですか?」ココア、

      「Aチャンネル」るん。
 
人を元気づけるのに必須な性格なのかもしれません。この対極にいるのが超自分勝手な涼宮ハルヒ、天使真央(あまつかまお@GJ部)、三日月夜空HAGANAI)たちでしょう。
 
おまけとして語尾が「デス」または「デース」になる人を並べてみました。


イメージ 4
 左から「きんモザ」カレン、「GJ部」たま、「中二病でも恋がしたい凸守早苗
 
冒頭には登場せず、途中参戦してお話を転がす(もしくは掻き回す)スパイスという重要ポジションです(何故か超金持ち多し)。
 
因みにたまと凸守の中の人は同一人物です。
 
最期にOP、ED中の主役一瞬インサートカットを。何となく雰囲気が似ているな、と思ったので。


イメージ 5

 

きんいろモザイク」は2が確定しています。お手軽に予習を済ませたい方には北米版が便利です(ディスク交換無しで12話一気観する事ができます)。

イメージ 6イメージ 7←ランキング投票です。よろしければワンポチを。