デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

ぼちぼちPOVは禁じ手にしないか。 イグジスツ 遭遇

イメージ 1
 

森でキャビンでビッグフットでPOV。これだけで大体ストーリーの予想はつきます。そして予想以上の事は何ひとつ起こりません。

 

究極の予定調和。

 

「イグジスツ 遭遇」2014年/エドゥアルド・サンチェス監督)

 

世界中にフォロワーを生んだ(「俺でも撮れる!」と思わせた)罪な映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」

 

その監督が放つ本家にして元祖なPOV最新作。

 

森のキャビンにバカンスにやって来た男女5人(一人おミソがいるわけですね)。

 

途中、車に何かぶつかったような気がしたがあれは一体‥。

 

今回最大の工夫は、カメラの台数が多いこと。手持ちにヘルメット固定に動体感知とバリエーションが豊富なので次々視点を切り替えることができます。


イメージ 2
 

いつもながらの弱点は、カメラがぶれる、暗い、見難い

 

痛感したのは、画が写っている=撮影者がいる、という当たり前の事実。

 

つまり敵(この場合、ビッグフット)の主観で近づいてくるという描写や、神の目のような映画的アングルは存在しえない、という事なのですが、この事に気づいてしまうと一気に緊張感が損なわれます。


イメージ 5
ひゃっはー!
 

スーパーナチュラルな何かではなく、身も蓋もなくビッグフットなので、これなら別にグリズリーでもいいんでね?と思わせてしまうのもマイナスポイント。

 

結局、ウリはPOVであるという“見せ方”のみ。同じシナリオで普通に撮ったら、とんでもなく退屈なものになりそうな気がします。

 

ぼちぼちPOVは禁じ手にした方がいいのではあるまいか。


イメージ 3イメージ 4←ランキング投票です。よろしければワンポチを。