デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

モックバスターとコンビニPBに関する浅~い考察。 エクスペンダブル・レディズ

イメージ 1
 

メジャーな作品に便乗し、内容をパクった挙句、タイトルも紛らわしくする映画をモックバスターと言うそうな。

 

大ヒット作を意味するブロックバスターと模倣を意味するモックを掛けた造語です。

 

このモックバスターを社是にしているんじゃないかとすら思える会社がアサイラム

 

「エクスペンダブル・レディズ」

2014年/クリストファー・レイ監督)

 

説明不要ですね(笑)。

 

カザフスタンを訪問中のアメリカ大統領の娘がテロ組織に拉致られた! CIAは人手不足だ。特赦を餌に収監中の腕利きを集めて傭兵部隊結成!

 

48時間以内に大統領の娘を救出して来い!」

 

リーダーはゾーイ・ベル


イメージ 2

狙撃の名手にュワドツキ合いを演じたクリスタナ・ローケン


イメージ 3

金になびく殺し屋に「キル・ビル」のヴィヴィカ・A・フォックス


イメージ 4
膨らんだなあ…ヴィヴィカ(中央が「キル・ビル」の頃)。


爆破のプロにニコール・ビルダーバック。そして、テロ組織リーダーにスタローン元妻・ブリジット・コブラ・ニールセン


イメージ 5
姐さん、顔、怖いっす…。
 

見事な布陣です(いっそ清々しい。代表作がチアーズのニコールがちと異質ですが、あれもある意味アクション映画ですし)。


イメージ 6
 

監督はダブルヘッド・ジョーズトリプルヘッド・ジョーズメガシャークVSグレート・タイタン撮った人。

 

やり逃げ企画相手に脚本が悪いの演出がヌルいの言っても仕方ありません。香ばしく年輪を重ねた熟女のアクションを楽しみましょう。

 

ついでなのでモックバスターについて少々。

 

映画業界用語のようですが、流通の世界(昔ちょっといた)でも、この考え方はスタンダード。

 

コンビニが作る独自の商品をPB(プライベート・ブランド。正確にはストアブランドですがPBの方が定着してしまった)と言いますが、作り方の基本は「一番売れているNB(ナショナル・ブランド)に似せること」。正にモック。

 

烏龍茶なら黒と銀がベース、コーラなら赤(ダイエットなら白)、緑茶ならライトグリーン。

 

以前、私がいたチェーンで緑茶のPBを作りました。商品名は「おいしいお茶」

 

書き方にちょっとしたコツがあって、まず「お」をでっかく書きます。「い」はできるだけ小さく、「し」は縦長に。「い」は大きく。

 

するとあら不思議。遠目には「お~いお茶」に見えるじゃありませんか。

 

これをリーチインの手前に置く(奥に入れるとドアを大きく開かないと取れませんが、手前ならちょっと開いただけで取れる)。

 

急いでいる人は「お~いお茶」と間違えて買ってくださる訳です。

 

姑息と嗤うなかれ。弱小チェーンの生きる智恵です。


イメージ 7イメージ 8←ランキング投票です。よろしければワンポチを。