デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

寝た子は起こすな。 デビル・インサイド

イメージ 1
 
悪魔祓いをネタにしたファウンド・フッテージ。手法的には「ラスト・エクソシズム」「テスター・ルーム」、題材的には「ザ・ライト/エクソシストの真実」あたりと同じ箱になりますが、斬新さはイマイチ。
 
かろうじて“多重憑依”という所が新鮮と言えなくもないですが、やり逃げなラストで±ゼロ。
 
「デビル・インサイド
2012年/ウィリアム・ブレント・ベル監督)
 
1989年、とある家で3人の男女の惨殺体が。犯人はマリア・ロッシという女性。殺されたのは神父2人と尼僧1人。彼らはマリアに憑りついた悪魔を祓おうとしていた…らしい。


イメージ 2
 
現場で確保されたマリアはヴァチカンの精神病院に収監。20年後、マリアの娘イザベラが事の真相を探るべくローマへ(取材の過程はドキュメント映画として記録)。
 
エクソシスト養成講座(「ザ・ライト」でも出てきましたね)で知り合った教会の姿勢に懐疑的な二人の神父、ベンとデヴィッドの助力を得て、本物の悪魔祓いを見学。


イメージ 3
 
20年ぶりに邂逅した母は完全なイカレポンチでしたが、イザベラの堕胎の過去を言い当てる芸達者ぶりも披露。ベン、デヴィッド、イザベラは教会の許可無しにマリア2度目の悪魔祓いを敢行しましたが…。


イメージ 4
相手が婆さんじゃ華がない。リーガンは偉大だ。
 
まあ、こういう勢いに任せたうやむやエンディングも嫌いではないですが、もう一山欲しかったですね。
 
本作に教訓があるとすれば「寝た子は起こすな」って事でしょうか。
 
ランニングタイムは83分となっていますが、正味76分程度(クレジットが7分)。
 
ちぃっと喰い足りない“なんちゃってエクソシストでした。



イメージ 5イメージ 6←ランキング投票です。よろしければワンポチを。