デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

流用と吹き替えのサンバ。 沈黙の脱獄

イメージ 1
 

先日ご紹介した「沈黙の作戦」から遡ること11年。セガール親父も(あくまで比較論ですが)細い!(←打っていてちょっと空しい)

 

これならまだ動けるだろうと思いきや、首から上が見切れた後姿の多いこと多いこと。

 

うーむ、この時点で既にアガリを迎えていたか…。

 

沈黙の脱獄2005年/ドン・E・ファンルロイ監督)

 

悪人から金を奪って貧乏人に還元するマネロン義賊ハーラン・バンクス(セガール)。

 

恋人ジェイダの事もあるし、足を洗って堅気になろう、とカジノの現金輸送車の運転手にジョブチェンジ(この時点で何じゃそりゃそりゃではありますが)…したものの、いつの間にか輸送車襲撃の片棒担がされるハメに。

 

大カーチェイスの末、現金隠した所で逮捕・収監。誰だ、俺を嵌めやがった奴は?


イメージ 2
 

話の小道具は凝っています。

 

予知夢を見る事ができる恋人、黒魔術に傾倒している悪人、刑務所で知り合った黒人のバディ、汚職に手を染めている麻薬捜査局のリーダーとその事を知ったために命を狙われる部下。

 

うまくまとめれば見所満載の展開になったと思うのですが、見事にハリボテ。

 

予知夢はひとつも役に立ちませんし、黒魔術は「あら、お洒落なインテリアね」程度。折角のバディも絡み少なく、肝心の脱獄シーンも超あっさり。


イメージ 3
 

絵柄も変化に富んでいます。

 

義賊としての活躍、カジノのカーチェイスと刑務所脱走、そして銃弾と爆薬が乱れ飛ぶクライマックス。

 

この監督さん、「ジーパーズ・クリーパーズ」とか「ヒューマン・キャッチャー」とか「ダークウォッチ戦慄の館」とかを撮影した人。言うなればピーター・ハイアムズと同じ立ち位置の人です。

 

さぞ映像にはこだわりが…と思ったら他人の作品から映像レンタル(ええ!?)。

 

冒頭の建物侵入シーンはよりによってヴァン・ダムの「ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン」からの、カジノのカーチェイス・シーンは「カジノ・ヒート」からの、刑務所の暴動シーンは「デッドロック」からの流用のようです。

 

ちゃんと撮れば見所満載の(以下略)。


イメージ 4
 

結局、収穫は何度か象徴的に現れる病院の少女がクロエ・グレース・モレッツであった、という1点のみでした(いや、ホント可愛い)。


イメージ 5イメージ 6←ランキング投票です。よろしければワンポチを。