デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

金内吉男の名調子再び。 アメリカン・バイオレンス/THE KILLING OF AMERICA(北米版BD)

イメージ 1

『死体、死体、また死体。来る日も来る日も。絶える間もなく』

金内吉男マグマ大使の声)の名調子。日本公開版を同時収録した豪儀な仕様。アメリカン・ドリームの裏面を覗くドキュメンタリー。

アメリカン・バイオレンス/THE KILLING OF AMERICA(北米版BD)」1981年/シェルドン・レナン監督)

制作は山本又一郎&レナード・シュレイダー。公開当時は見慣れたニュース映像の羅列だったかも知れませんが、36年経った今となっては貴重な映像記録です。

特にガイアナ人民寺院」「テキサスタワー乱射事件」「マンソンファミリー」といったフィクションの方を先に見てしまったエピソードは元ネタを知る良い機会。


イメージ 2

前半は「ケネディ大統領暗殺」ベトナム戦争」といった歴史ネタですが、徐々に個人にフォーカス。

シリアルキラーのスターたちが大挙登場する終盤は本作の白眉。

ジム・ジョーンズ、チャールズ・ホイットマンチャールズ・マンソン、テッド・バンディといったスーパースターから、ジョン・ウェイン・ゲイシーエド・ケンパーといったややマイナーなスター(やっている事の陰惨さはトップクラスですが…)まで充実のラインナップ。

特に33人もの少年を犯し拷問し惨殺して自宅の床下に埋めた(正確には29体目からは埋める場所がなくなって川に捨てた)ジョン・ウェイン・ゲイシーの荒業には驚嘆します。

この他にも名も無き犯罪者が多数登場して、アメリカという国の裾野の広さ(人材の豊富さ)を再確認。

個人的にはエド・ゲイン先生が登場しないのが少々不満ではありますが、見応えのある映像ライブラリだと思います(エド・ケンパーのインタビューとか結構貴重)。

あれから大分ネタも溜まっていると思うので、是非“その後のアメリカン・バイオレンス”を企画してください、山本さん。

 

★ご参考 

 

 

 

 
 
イメージ 3←ランキング投票です。よろしければワンポチを。