デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

擬闘テキトーでも怒涛。すべてはここから。 日本統一

イメージ 1
 
僅か5年の間に31作!
 
よもや作った本人達もここまで続く(尚進行形)とは思わなかったのではあるまいか。
 
「日本統一」2013年/山本芳久監督)
 
ヤクザの配下になることを潔しとせず、横浜で愚連隊として暴れていた氷室蓮司(本宮泰風。冷静沈着担当)と田村悠人(山口祥行。瞬間核融合炉担当)。
 
その暴れっぷりは当然、プロの目に留まることに。「上等だ、やってやろうじゃねぇか!」となりますが、組織的殲滅戦の前に横浜を捨てて大阪・神戸へ。
 
監督はFAMILY「すてごろ 梶原三兄弟激動昭和史WARUワル」等のプロデューサーを務めてきた人、脚本は「実録・広島やくざ戦争」シリーズ、「実録 新選組」(完結編)等を監督し「龍虎兄弟」の脚本も書いている辻裕之
 
所謂“手練れ”コンビの作品です。
 
手練れなのはスタッフだけではありません。周りを囲む競演陣が超豪華。
 
横浜で二人を憎からず思いながらも立場上、的にかけることになる“東の本職”に哀川翔
 
大阪でトリックスター的に立ち回る“西の本職”に小沢仁志。その組長に誠直也
 
彼らが属する日本最大の任侠団体「侠和会」のトップに千葉真一、その片腕に白龍
 
本作は、千葉が引退し、跡目を白龍が継ぎ、本宮・山口が侠和会の杯を受けるまで。
 
正に序章。この跡目継承の場に梅宮辰雄が映り、今後の波乱を予感させる所で幕。
 
正直、安さ満開(特に擬闘が超テキトー)なVシネなんですが、勢いを買います。清濁合わせ喰らう覚悟で臨みましょう。


イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを