デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

「裸になって何が悪い!」 フル・モンティ(&アナロ熊)

f:id:zombieito:20211121082909j:plain


草彅くんはご愁傷様でした。

という訳で(どういう訳だ?)一昨日に続いてストリップ映画第2弾。

フル・モンティ
(1997年/ピーター・カッタネオ監督)


ブラス!」「リトル・ダンサー」と並ぶ“炭鉱閉鎖で仕事がねえ!”英国どん詰まり三部作(勝手に命名)。これを日本でやると「フラガール」になるんでしょうね。

『こんなに来てくれたんだね。僕たちはもう若くない。美しい肉体も持ってない。でも僕たちはここにいる。生きている!お見せしよう、今夜だけフル・モンティ!』

見事な口上です。ハッピーエンドのように見えて、実は何も変わっていない、昨日と同じ現実が明日もやって来る「失業はつらいよ」な終わり方がやるせなくて良いです。

で、唐突に話変わりますが、草彅くん後任の「地デジカ」のアンチ・テーゼとして登場した「アナロ熊」、いいですねえ。

f:id:zombieito:20211121081258p:plain


アナロ熊のうた」、名曲じゃないですか。NHKの「みんなのうた」とか「日本昔ばなし」のEDとかでかかっても何の違和感もありません。

著作権なんかありません!”という開き直りもナイス。「風刺」のお手本です。

「最低の人間だ!」とか「二次創作は絶対認めん!」とかホント鳩山くんと民放連はアホタレですね。

アナロ熊のうた」はこの辺で→http://www.youtube.com/watch?v=bUMtQCPbTuc

アナロ熊」公式(?)ホームページはこちら→http://www12.atpages.jp/analoguma/