デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

殺戮の女神、降臨!! 人魚伝説

イメージ 1


「何事だ、このキチガイ騒ぎは?!」

「どうせ、キチガイじゃ!」


返り血で真っ赤に染まった海女装束。銛を片手に仁王立つ地獄の水先案内人。彼女の名前は白都真理

「人魚伝説」1984年/池田敏春監督)

原発誘致に揺れる漁村(ロケ地は志摩)。誘致に反対する亭主を何者かに殺され、自らも命を狙われた海女のみぎわ(白都真理)は、ひとり復讐の鬼と化す。

相手は地場の土建屋、政治家、利権に群がる実業家、そしてヤクザ。

武器は銛ただ1本(潔いにも程がある)!

三叉の先端を1本にして貫通能力を高め、白い海女装束に身を包み、疾風の如く走る彼女は最早無敵。

目指すは原発開発祝賀パーティ会場。その殺しっぷりたるや容赦無し呵責無し手加減無し躊躇無し。

例え政治的陰謀に関係ない(偶然パーティに来ていただけの)娘であろうが問答無用。

立ち塞がる者は突き殺し、逃げる者も突き殺し、立ちすくむ者も突き殺す!

彼女に比べたら、黄色いトラックスーツ着て日本刀振り回す金髪女なんかただの漫画です。

対抗できるのは津山三十人殺しの都井睦夫くらいでしょう。

「今夜、嵐にして。何もかも吹き飛ばす嵐にして」

地蔵に願った通りの大暴風雨が、駆けつけた警官隊をジュラルミンの盾もろとも吹き飛ばす。薙ぎ倒す。

復讐の女神、殺戮の天使。「天使のはらわた/赤い陰画」と並ぶ池田監督の大傑作です。

※参考:「にっかつロマンポルノ復活・・は喜ばしい・・のだろうか?」
     →2010年1月15日