デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

歌か、死か! 西部警察PARTⅢ/杜の都激震!!~仙台爆破計画

イメージ 1

 

シリーズ屈指の緊迫感と脱力感を同時に繰り出す離れ業。
 
これは最早シュール・リアリズムと呼んで良いのでは…。
 
西部警察PARTⅢ/第32話・杜の都激震!!~第33話・仙台爆破計画」19831218日・25日放送/小澤啓一監督)
 
実験用高濃縮ウランが強奪された!(リーダーは後の湾岸署・袴田課長だ!)
 
更に犯人グループは、原子物理学の教授と息子を拉致。アホでも分かる彼らの目的は…原子爆弾の製造
 
潜伏先は杜の都・仙台。特命を受けた西部署メンバーは一人残らず仙台へ
 
仙台署が用意してくれた宿舎兼指揮所はワシントンホテル
 
『え? ワシントンホテル? ワシントンホテルってあの誰でも知ってるワシントンホテル?』
 
さすが一平、タイアップ企業名連呼の法則を忠実に守っています。更に入り口で、
 
『うっわー! ワシントンホテル!』
 
わかったから(笑)。
 
で、まあ、色々あって、教授親子は無事救出されますが、原子爆弾は既に完成し、仙台市内に設置済み。起爆は5時間後という最悪シナリオ。
 
脅迫無線の逆探知であっさり犯人グループの移動アジトであるバスを発見した大門軍団ですが、追跡中にバス内の爆弾が誤作動で爆発。犯人全員黒焦げ。

 

イメージ 2

 

なんてこった! しかし、運の良いことに一人だけ別行動をとっていた奴が!
 
原爆に繋がる最後の手がかり…だったのですが、逃走中にハンドル操作を誤って日産サニー宮城ビルの屋上からスカイハイ・ジャンプ!!


イメージ 3

 

ダイイング・メッセージ「水の中探せ…」
 
ここで団長の灰色の脳細胞がスパコン並みの演算を開始。
 
『給水塔…給水塔の中だ!』
 
待てい! その根拠は何だ。貯水池かもしれないし、屋外プールかもしれないじゃないか。なんて疑問を挟んでいる余裕はありません。団長が給水塔と言ったら給水塔なんです。
 
で、また色々あって遂に爆弾発見! 場所はエンドー・チェーンのお客様駐車場設置の給水塔。タイムリミットは7分!
 
困ったことに給水塔のある駐車場ではチャリティ・コンサートが(歌っているのはチェリッシュだ)。大門軍団の只ならぬ気配にざわつく観客。騒がれたら大パニック必至。どうする?
 
『なんとかしろ!』
 
この史上最大の無茶振りに「わかりました」と応えた鳩村刑事。やにわにステージに降り立つと、ギターを抱えて熱唱!

 

イメージ 4

 

撃って走って歌える地方公務員、鳩村が聴衆の眼を引きつけている間に団長は爆弾解体に挑戦!!
 
しかし、開けてビックリ、コードびっしり。難易度高え!
 
イメージ 5

 

この仙台の(と言うか日本の)命運掛けた解体作業と鳩村オンステージが同時進行…この世のモノとは思えません。
 
まあ勿論、ハッピーエンドな訳ですが、手に汗握りながら笑い呆れる素晴らしいエピソードでした。
 


イメージ 6←ランキング投票です。よろしければワンポチを。