デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

緑魔子が紡いだ映画の幻影。 三軒茶屋中央劇場の思ひで

 

仕事の都合で三軒茶屋に行くことがあります。

 

かつてこの地には3つの映画館がありました。

 

三軒茶屋映画劇場」「三軒茶屋シネマ」そして、三軒茶屋中央劇場」

 

三軒茶屋映画劇場」は昭和27年開業し、平成4年に閉館。

 

三軒茶屋シネマ」は昭和30年開業。平成9年に改名するまでは「三軒茶屋東映」。ここで私は「ローズ」「ロッキー・ホラー・ショー」「ファントム・オブ・パラダイスという濃い~3本立てを堪能しました。

 

今年7月、60年の歴史に幕

 

三軒茶屋シネマ」に先んじて昨年2月に閉館した「三軒茶屋中央劇場」は「三軒茶屋映画劇場」の姉妹館(昭和27年開業)。

 

私はこの劇場で映画ではなく、7病棟の舞台を鑑賞しました。

 

羊たちの沈黙[作:山崎哲。劇団第七病棟]1990610日(三軒茶屋中央劇場:1B2番)

 

茶店のマスター、ユー(石橋蓮司)の元を訪れた元妻、リエ(緑魔子)。

 

かつて女優だったリエは、この2年を掛けて書き上げた脚本が認められ、ニューヨークで映画を撮ることになった、と報告。

 

そして、得意げにそのお話をユーに語って聞かせます。

 

ユーは(そして観客は)すぐに気づきます。今、リエが語っている話が「ボニーとクライド」であることに。

 

精神を病んだ妻が「自分が書いた」と信じて疑わないその話に我々はグイグイと引き込まれ…。

 

最後は劇場の映写機まで効果的に活用。古ぼけた映画館がノスタルジーを醸しだす力強く悲しい舞台でした。

 

現在、三軒茶屋に映画館はありません。


イメージ 1
在りし日の三軒茶屋シネマと三軒茶屋中央劇場

 


イメージ 2イメージ 3←ランキング投票です。よろしければワンポチを。